結論先行型

新聞記事やネットニュースなどで使われている文章の型を「結論先行型」といいます。

雑誌や広報、レポートや評論なども、結論先行型で書くのが基本です。

論点や主張といった核心部分を、あらかじめ冒頭で示すことが特徴です。

こうすることで、文章の内容をわかりやすく伝えることができます。

冒頭で書いたことを補足するかたちで進めていく結論先行型は、後半へすすむにつれて尻すぼみになる構造をしています。

別名、「逆三角形型」とも呼ばれています。

図を見てわかるとおり、構造的に絞り込みが効くようになっていますね。

無駄な内容を含みづらく、論理をしっかり展開できます。

また、冒頭に結論を示しているので、最後の結びを無理につける必要はありません。

書き直しも後半部分から削ることができるため、書き手としてもまとめやすいですね。

ただし、第一印象がモノをいう型なので、読み手を惹きつけるセンスが問われます。

タイトルやリード文に工夫を凝らし、興味をそそるようなつかみが必要です。

この部分さえ克服できれば、読みやすい文章を効率的に書くことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする