文字数稼ぎは絶対にバレる

義務として書かされる文章は、思うように筆が進みません。

ボリュームが足りずに、文字数を稼くことばかり考えてしまうでしょう。

しかしそのような書き方では、文章の質が下がってしまいます。

● 句読点を多用する

● わざと漢字に変換しない

● 引用の割合を増やす

● 同じ内容を言いかえる

● 強引に他の話題を持ちだす

これらの小細工は、読み手にバレます。

ネタ切れしていることがバレるだけならまだしも、何を書いても読み手が納得しなくなったら、書き手として終わりです。

書き手として、というよりも、人としての信用を失いかねません。

仮に、文字数稼ぎをしたその文章が目上の人に読まれるものだとしたら……

最初から書かないほうがマシでしょう。

しかし、「書かない」という選択肢をもてない文章も多々あります。

身近なところでは、職場や学校に提出する文章ですね。

もし書かなければなんらかのペナルティを受けることになるので、提出することを優先しなければなりません。

その場合、どうすれば切り抜けられるのでしょうか。

答えは簡単です。

文字数を稼ぐのではなく、文章を膨らませれば良いのです。

外見上のボリュームを増やそうとすると、薄っぺらな文章になってしまいます。

読み手が納得する文章を書くには、内容を充実させなければなりません。

表面だけを取り繕うか、中身を良質なものにするか。

ふたつの意識には、とても大きな差があります。

文字数稼ぎは読み手に通用しないので、絶対にやめましょう。

文章を膨らませる方法については、こちらを参考にしてください、

文章を膨らませる手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする