書く内容に迷ったり、悩んだりすることがありますね。 書き手にとっては非常に苦しい状態です。 そんなときは「5W1H」を使ってみましょう。 すると、辛く苦しい「書けない状態」から脱却することができます。   ...

  文章を書くときの心境には、2つのパターンがあります。 「書きたい」と思って書くか、「書かなければならない」と思って書くか。 この違いは、書き手のモチベーションに強い影響を及ぼします。 とくに後者の場合は、「書きたくない」と思っ ...

創作

  小説を書き始めたとき、素朴な疑問が浮かびました。   現在のことを書いているのに、なぜ「~た」を使うのか。   言い切る意味での「~だ」であれば、感覚的に納得できます。 しかし、今起きている出来事を書くのに ...

コラム

  赤鬼はTwitterをやっています。 『文書の鬼』に以外にもいくつかブログを運営していて、それぞれTwitterアカウントを作成しています。 この記事では、Twitterを利用する上でネガティブに思ったことを書き連ねます。 ...

  ほとんどの書き手は、書き出しに悩んでいるはずです。 書き出しにはいくつかの「型」があり、それらを体系的に理解することから始めましょう。 なかでも今回は、内面を描く書き出しについて考えます。 この型についての概要や、実際に扱うと ...

  書き手が抱いた「なぜ」という疑問から生まれる文章があります。 そこに書かれる内容は、探究心をもって書くことになるでしょう。 この性質を利用すれば、文章をふくらませることができるようになります。 順を追って確認していきましょう。 ...

  文章を書くときに重要なのは、物事に対して「なぜ」と思えることです。 「なぜ」と疑問をもつことは、そのまま執筆のきっかけになります。 文章のネタを起こしたり、内容を膨らませたりと、さまざまな効用があります。 今回はこの「なぜ」に ...

創作

  文章作法において、「同じ語尾の連続」は良くないことだとされています。 小説においても、同様の価値観が浸透しています。 「~た」「~だ」「~る」など、同じ語尾が連続するのを嫌う傾向にあります。   しかし考え方を変えれ ...

書く仕事の隠し事

  今回ご紹介するのは、税務についての内容です。 書く仕事の本質ではありませんが、実情として必要になってくるものです。 書き手として独立するのであれば、当然「確定申告」をしなければなりません。 開業前も、開業後も、仕事をする上では ...

  文章は言葉を紡いで完成させます。 書き手にとって、言葉の機能を知っておくことはとても重要です。 大別すると、言葉には6つの機能があります。 これについて今回は、「言葉の六大機能」としてご紹介します。     ...