「文章を書くことができない」という人がいます。 その理由として、「文章力がないから」の意が見え隠れすることも少なくありません。 ありがちともいえる「文章力がないから書けない」という理由付けは、間違っています。 今回はこの状況に ...

創作

  今回は「実験小説」について考えてみましょう。 実験小説には、大きく分けて2通りのアプローチがあります。   ● 前衛的な手法を使い、文学の可能性を見出そうとする小説 ●「人」「場所」「モノ」などを設定し、その条件で人 ...

創作

  物語の最初から最後まで、ドキドキすることはできません。 緊張と緩和がくり返されることで、心が動く振り幅は大きくなります。 物語に「だれ場」を取り入れることで、展開に抑揚がもたらされます。 今回はだれ場について考えていきましょう ...

  書き手はロボットではありません。 文章として表現された内容には、その人格から感じていることや考えていること、見えている景色などがあるはずですね。 そこで今回ご紹介する終わりの型は、「表明型」です。 書き手個人の考えを伝えられる ...

  今回は、格助詞「が」についてご紹介します。 文法上の区分なども説明しますが、より実践的な使い方に重きをおくつもりです。 「が」のもつ機能や読み手への伝わり方、ほかの語との関わりなどを中心に、「は」との違いをまじえながら考えてい ...

  文章を書くとき、自分のプライドに抵触するような内容を扱うことがあります。 たとえば「人に知られたくない内容」を文章として書く場合ですね。 今回は「プライドを守るべきか」の選択を迫られたとき、書き手がどのように判断すべきかについ ...

執筆アイテム

  書き手は、紙とペンさえあればいつでもどこでも執筆できます。 もちろんノートパソコンやタブレットを使うのも良いでしょう。 ただしこれは一般論として考えた理屈であって、それぞれの執筆環境では事情が変わってきます。 書き手によっては ...

  文章の書き方において、意識が向きやすいのは書き出しや扱う内容です。 当然それは間違いではありませんが、書き手は「文章をどのように終わらせるか」についても同様に考えなければなりません。 今回ご紹介する終わりの型は、要旨型です。 ...

  今回は「受動態」と「能動態」の使い分けについて考えていきましょう。 ここでは「文法的な正しさ」というよりも、「読み手に与える印象」を操作するための実践的な内容をご紹介します。 巧く使いこなすことで、その印象を意図的に操作するこ ...

  今回は経済的な視点から文章の書き方考えていきます。 キーワードは「経済性」です。 経済性とは「費用に対して得られる収益の度合い」を指します。 この考え方を執筆に落とし込んでいきましょう。     表現の経済 ...