ときに書き手は、特定の部分を強調したいと思うことがあります。 ブログのように「太字」や「赤字」、「書体」や「フォントサイズ」を変更できるのなら楽チンです。 しかし世の中には、小説や作文など、自由にカスタマイズできない文章も多々 ...

  文章を書くのであれば、読み手から共感を得る内容を提供したいですね。 しかし、いくら自分の主張が「100パーセント正しい」ことを証明しても、読み手の心に響くとは限りません。 「伝わる文章を書く=理論武装をすること」ではないのです ...

執筆アイテム

  iPadでフルキーボードを使いたいと思いました。 そこで、実際に買った商品とその使い勝手についてご紹介します。   結論からいえば今回扱う商品はあまりおすすめできません。 限定された条件がそろった場合にのみ、購入を検 ...

  かんたんな語句を選んで、その使い方も正しいのに、読みづらい文章になってしまう。 「かかり受け」の概念がない文章には、よくあることです。   読みやすい文章は、かかり受けが徹底されています。 書き手はこの概念を理解して ...

  「描写」と「説明」の境界線はあいまいです。 「描写したつもりだったのに、いつの間にか説明になっていた」という状況も珍しくはありません。   今回は、描写するテクニックについてご紹介します。 誰でもかんたんに使えるもの ...

  執筆するときは「3」を意識するべきです。 文章で扱う要素を3つにするだけで、文章のリズムや収まりが良くなり、内容に説得力をもたらすことができます。 文章を書くにあたって大きな効果的を得られる数字ですから、書き手はこれを念頭に取 ...

創作

  文体は徐々に形成されるといわれています。 今回は、文体がどのように形成されるかについて詳しくみていきましょう。 おおまかなプロセスとしては、「模倣」から始まり、「矯正」されることで文体は揺さぶられます。 それについて書き手が「 ...

  書き出しはいくつかの型に分類できます。 今回は「状況を示す書き出し」についてご紹介します。 これは小説やエッセイによく使われる型です。 詳しく見ていきましょう。     「状況を示す書き出し」とは この型は ...

書く仕事の隠し事

  「書き手」になるために、特別な手続きは要りません。 特別な資格も必要ありません。 誤解を恐れずにいえば、書く仕事は誰にでもできてしまうことです。 あなたがどのような書き手になりたいかによってその道筋は変わってくるでしょう。 ...

  文章の書き方で混同しがちなのは「説明」と「描写」です。 書くときには"描写"のつもりであったとても、なにかを描くことで読み手にその様子を知らしめることに変わりはありません。 そのため、「結局のところ説明と変わらないのでは?」と ...