創作

  小説を書くときには、書き手なりの視点をもって向き合うはずです。 いわゆる「書き手の視点」ですね。 「書き手の視点」は複眼的なもので、見る角度や距離によってさまざまなものが映りこんできます。 具体的に考えていきましょう。 ...

創作

  作品には、書き手自身からにじみ出てくるものがあります。 それは小説の「迫力」として、読み手を惹きつける要素となります。 小説に迫力がもたらされるとき、もっとも強く影響するのは「経験」です。 今回は書き手がもつ「経験」について考 ...

  文章を書く「動機」は、内容全体に影響を及ぼします。 これについて書き手は、文章を「書き出す前」の段階で考えなければなりません。 動機は、文章の完成度はもちろん、構成や見出しを考えるときにも大きな存在感を放つからです。 以降で具 ...

  書き手が「伝えたい」と思うその動機は、文章の書き方にも強く影響します。 文章を軌道修正するときの指標として、動機が大いに役立ちます。 執筆中に迷ってしまったとき、即効性のある薬となるでしょう。 今回は「動機が実際の執筆にどのよ ...

  書き手がなにかを伝えようとするとき、考えが及びやすいのは「伝え方」です。 今回ご紹介するのは、伝え方や書き方といった文章が「開いていく方向」ではありません。 「掘り下げる方向」に目を向け、文章を書く動機について考えます。 書き ...

  文章を読みやすくするためには、リズムを意識しなければなりません。 抑揚をつけたり、あえて単調にしたりなど、書き手はさまざま工夫をします。 今回はこの工夫の仕方について考えましょう。 文章のリズムは「語尾の変化」だけでなく、「文 ...

  比喩は、読み手に物事の様子伝えるために使うのであって、比喩を使うこと自体が目的ではありません。 しかし比喩に「書き手の工夫」が必要であることは間違いなく、多くの書き手がこれを独創的に描くことを目指すでしょう。 今回は「独創的な ...

  書き手が知識やテクニックに頼るだけでも、"文章"は書けるでしょう。 ただしいくら読みやすくわかりやすい文章を書いたとしても、読み手の心に響くかどうかはわかりません。 その不安をカバーするためには、文章を「贈り物」として捉えるこ ...

  文章を書くときに注意すべきなのは、紋切り型の表現です。 これを使ってしまうと、文章はイメージダウンしてしまいます。     しかし扱う文章によっては、紋切り型で書くことを求められる場合もあります。 今回はこ ...

  文章には「使わないほうがいい」とされる表現があります。 その代表格が「紋切り型の表現」です。 今回は紋切り型の表現の例を見ながら、使わないほうがいい理由について考えていきましょう。     「紋切り型の表現 ...