「たとえば」は、事例をもちだすときに使われる接続詞です。 伝えたい内容をより鮮明なものにして、わかりやすくすることが主な目的です。     原文 今年中には、海外旅行するつもりだ。 そのために ...

  伝わりづらい文章は、「どこまでが事実で、どこからが見解か」が明確になっていません。 これをはっきりさせなければ、読み手は混乱してしまいます。 まずはこれらを区別することから始めましょう。     原文  す ...

  何かを説明する文章には、論理が求められます。 しかし、漠然と「論理」を組み立てようとすると、文章としての体裁が保てません。 そこで、論理的な文章を書くための三大要素をご紹介します。     1. 主張 主張 ...

執筆アイテム

    書くことへのこだわりを体現できるアイテムは、そう多くありません。 万年筆はそのうちのひとつで、執筆アイテムの代表格です。   しかし、決して便利なものではないのです。 万年筆は値段が高く、定期的にメンテ ...

  私たちが文を目にするとき、どこからその意味を読み取っているのでしょうか。 文字、品詞、表現、文体、文法、前後関係…… 難しく考えてもキリがありません。 実のところ、意味を構成する要素はたった2つしかないのです。   ...

  ひとつの見出しは、どのくらい文字数で書くのが適正でしょうか。 長すぎても、短すぎても、文章の体裁は整いません。 目安となる文字数があれば、ぜひ知りたいですよね。     ひとつの見出しに書く文字数は、400 ...

  「自動車の運転」について説明するとします。 基本となるのは、アクセルとブレーキ、ハンドルの操作ですね。 どれかひとつでも欠ければ、自動車の運転はできません。   つまり「アクセル」「ブレーキ」「ハンドル」は、同列に説 ...

  「起承転結」は文章構成の基本です。 個人の日記から学術論文まで、さまざまな文章に応用できる構成法です。 しかし、考えなしにこの構成法を用いれば良いわけではありません。 特に、長い文章の場合は、少しコツが必要なのです。 ...

  接続詞は、その文章がどこへ向かうのかを読み手に示す役割をもっています。 特に序盤の文章となれば、方向を明確に定めなければいけません。 その表現によって、どのような心持ちでその文章を読むかが決まるからです。 基本となる表現をおさ ...

    目次があれば、さっと目を通しただけで、文章の内容を読み取ることができます。 1000文字程度の文章であれば、概要を箇条書きしただけの目次でも、十分成立します。     ただし2000字を越える ...