コラム

  文章は、常に読み手のことを考えなくてはいけません。 しかし読み手の反応を予測し、それを深読みしすぎると、余計な断りを入れたくなります。     ● 伝えるべき内容 「××は、○○です。」   ...

  批判や反論を恐れるあまり、自分を守るための言い訳をしていませんか? 先回りすることで、保身のために予防線を貼る姿勢は逆効果です。   ここで、謝罪文の一部を抜粋したものをご覧ください。     原 ...

  文章を書く前にやるべきことのひとつは、材料集めです。 まずは材料を集めから   料理には順序がありますね。 それにしたがって調理していかなければ、失敗してしまうリスクが増えます。   文章も同様で、もってい ...

  日本語は、同じ物事を指す場合にもさまざまな言葉で表現することができます。 これは、日本語がもつ特徴のひとつですね。   その多様性をもっとも身近に感じられるのは、言葉を人称に当てはめるときです。 「私」「あなた」「一 ...

  「~たいと思う」はとても便利な言い回しで、話し言葉においてよく耳にする言い回しです。 その影響を受けてなのか、書き言葉でもよく見られます。 これは言い切ることができていない表現なので、使用するのはやめましょう。   ...

  感嘆符は、文章を書く上で欠かすことのできない便利な武器です。 感情をわかりやすく表現できますし、重要な部分を強調する効果もあります。       例文  A. 彼は「そんなのデタラメだ」と言い放っ ...

コラム

  昔、どこかでこんな言葉を聞きました。 「文章力を鍛えるには、文章を読みまくって、書きまくることが必要だ」と。 文章を書くことに興味すら持ってなかった頃に知った言葉なので、一字一句合っていないでしょうし、そもそも誰が言ったのかも ...

  対等な言葉を並べるときには、「と」「に」「や」「か」を使ってつなぎます。 これらは並立助詞(並列助詞)と呼ばれ、言葉と言葉をつなぐための役割をもっています。 この助詞を使うときには、守らなければならないルールがあるのです。 ...

  このように表現されたタイトルを目にしたことがあるはずです。   「一日たった5分で、ぽっこりお腹を解消」 「記憶力を格段にアップさせる方法」 「ほとんどの人が知らない、歌が上手くなる裏技」   本のタイトル ...

  日本語の文章は、さまざまな字体が混在して形成されます。 特に使う頻度が多いのは、ひらがなと漢字ですね。 この使い分けについて考えてみましょう。       原文  上司に相談した所、「迷った時に無 ...