仮に、到着駅をアナウンスしない電車があるとします。 乗り慣れている人にとって、時間や風景を見ながら降りるタイミングを見極めるでしょう。   しかし、初めて乗る人の場合、目的地にたどりつくのは困難です。 到着駅がわから ...

  文章をわかりやすくするためには、できる限りシンプルに書くことが重要です。 そこで使われる手法のひとつが、述語の共用です。   原文  海外旅行は、お金もかかるし、時間もかかる。 この文の述語は、赤字で示した「かかる」 ...

  読み手にとって前文は「その文章を読みすすめるかどうか」の判断材料となります。 前文に書いた内容で、いかに読み手を惹きつけることができるかが重要です。 魅力的な前文を書くためには、3つの条件が必要です。   ...

  文章は、読み手になんらかの負荷をかけます。   読解力はもちろんのこと、文字を追う目や姿勢を制限し、読み進めるための時間を拘束します。 この負荷が大きければ大きいほど、ストレスを与えてしまいます。   読み ...

  誰かから聞いたことやどこかで見たことを「伝聞」といいます。 自分が直接見聞きしたわけではない情報を内容として書く場合は、以下のような表現を使います。   ・伝聞表現 ~といわれている / ~だそうだ / ~と聞いた( ...

  今回は、適正な文字数について考えてみましょう。 長すぎず、短すぎずの、ちょうど良い文字数。 書き手は、ここに気を配る必要があります。   ただし、すべての文章において共通する適正量を考えても無駄です。 テーマや内容に ...

  「推量」とは推し量ること、つまり状況や心情などを察して想像することです。 これはよく見られる文章表現のひとつで、話し言葉にも多用されています。   ・推量表現の例 ~だろう / ~らしい / ~かもしれない / ~と ...

  車を運転しながら音楽を聴くことはできますが、小説を読むことはできません。 「文章を読む」という行為は、ながら作業ができないのです。   さらに、文章である以上、与えられる情報は文字に依存しています。 音楽や映画のよう ...

以下にご紹介した記事の内容をふまえて、断定するときの注意点を考えましょう。 言い切ることでしっかり伝える 断定する表現   断定すると、伝える力が強くなります。 強い表現を避けるのは日本語の特徴のひとつなので、断定するのに抵抗があ ...

  今回はこちらの内容をさらに発展させましょう。 言い切ることでしっかり伝える 言い切ることの重要性は上記の記事で述べましたが、具体的にどのように表現すべきでしょう。     簡単にいえば、文末で「断定」してし ...