「起・承・転・結」で成り立つ四段構成は、私たちにもっとも馴染み深い文章作成法のひとつです。 例文を参考にしながら、構成上の役割と執筆するときのポイントを再確認しましょう。     例文  公園を歩いていたら ...

  箇条書きは、わかりやすい文書を作成するにあたって、欠かせない表記方法のひとつです。 情報を箇条書きにすれば、読み手に負担をかけずに、内容を理解させることができます。     しかし、いざ箇条書きを使おうと思 ...

  重い荷物をたくさん運ぶときは、何回かに分けて運ぶのが定石ですね。 人が持てる重さには限界がありますし、トラックや重機などでも最大積載量が定められています。 無理をして一度に運ぼうとすると、事故やケガの原因になります。 ...

文章用語

三段構成とは、「序論」「本論」「結論」で構成される文章型です。 論理的な文章を書くときには、この三段構成が最善だとされています。 小論文や報告書、大学生が提出するレポートなども、この型を用いるのが原則です。  

    文章に説得力を持たせるためには、さまざまな工夫が必要です。 最もかんたんで効果的な手法は、内容を数値化することです。     例文 納期がすぐ先に迫っているので、とても忙しい。   ...

  文章を作成する上で、執筆の際に生じるミスは極力避けたいものです。 初歩的な例は、誤字や脱字です。他にも、誤変換をしていたり、そもそも言葉の使い方が間違っていたり、気をつけなければいけないことは多々あります。   ウェ ...

  わかりやすい文章を書くためには、さまざまな工夫をほどこす必要があります。 その中で、もっとも基本的なテクニックのひとつが、短く書くということです。 簡単なように思えますが、上手く実践できる人はそう多くいないでしょう。 ...

  新聞記事やネットニュースなどで使われている文章の型を「結論先行型」といいます。 雑誌や広報、レポートや評論なども、結論先行型で書くのが基本です。     論点や主張といった核心部分を、あらかじめ冒頭で示すこ ...

  三段構成での文章作成は、論理的な文章に適しています。 しかし手放しに書いてしまっては、その効果を十分に発揮できません。 「序論」「本論」「結論」の役割をそれぞれを確認しながら、基本的なポイントを学んでいきましょう。 ...

  自分の気持ちや考えを文章で表現するのは、すばらしいことです。 ただし、それを押し付けてはいけません。 良い文章を書くためには、自分を律する必要があります。     例文1  タバコはくさい!喫煙者なんてみん ...