コラム

  日本には、相手の気持ちを積極的に察する文化があります。 コミュニケーションをとる相手がなにを思っているのかを、多くを語らずに汲みとることを美徳とする風潮です。 要するに、四字熟語でいうところの「以心伝心」ですね。   ...

コラム

  シーンを描写するときは、書くべき情報がいくつかあります。 結論からいうと、五感です。 読み手の感覚に訴えかける情報を盛り込むことにより、臨場感が溢れる文章になります。 例文をみて考えていきましょう。     ...

コラム

    NECとコーヒー豆専門店のやなか珈琲は、ブレンドコーヒー「飲める文庫」を共同開発しました。 ラインナップは以下の6種類です。     「吾輩は猫である」夏目漱石 「人間失格」太宰治 「若菜集」 ...

コラム

  以前、なんとなくテレビを観ていたときのことです。 興味深いニュースが流れこんできました。   ある旅行会社と利用客との間で、金銭トラブルが生じているとのこと。 その内容が、書き手として考えさせられるものだったのです。 ...

コラム

  「宴のあと」という作品をご存知でしょうか。 かの有名な、三島由紀夫によって書かれた長編小説です。 その芸術的価値の高さにおいて、国内よりも先に海外で評価されたともいわれています。 肝心の日本国内では、別の意味で話題になっていま ...

コラム

  意味の重複や内容の重なりを避けることは、文章における原則のひとつです。 これは、二重敬語についても同様です。 相手を敬う気持ちが先走りすぎると、次のような間違った表現になってしまいます。     原文 社長 ...

コラム, 執筆アイテム

  愛用品をご紹介します。 無印良品のダブルリングノートと、同じく無印良品のアルミ丸軸万年筆です。     これらは、ネタ帳のセットとして愛用しています。 アイディアをメモしたり、マインドマップを作ったり、構成 ...

コラム

  文章を書くにあたって、話し言葉を前面に押し出すことは避けるべきです。 特に、文頭に話し言葉をもってくると、その後に続く内容の品格が落ちてしまうのです。 今回は、気を抜くと使ってしまいそうな「なので」について考えていきましょう。 ...

コラム

  私たちは、普段の会話で音が省略された言葉を多く使っています。 これらは、文章に大きな影響を与えます。 どのような影響なのかを把握して、使いこなせるようになりましょう。     音が省略された言葉を使った例文 ...

コラム

  日本語は、とても難しい言語です。 日本語を母語とする日本人ですら、日本語を巧みに操ることは簡単ではありません。 誰しもが、言葉の意味や使い方を勘違いしている可能性があるのです。   文章として書くときには、よりいっそ ...