文章をパッとみたとき、難しそうだなと感じることがあります。 そのような文章は、読み始めるまでのハードルが高くなり、読み進めるにはたくさんのエネルギーを必要とします。       例文1  御注文の ...

  日本では古来から縦書きで文章を書いてきました。 しかし、現在は横書きが主流になっています。   そこで、もっとも書き手が迷ってしまう問題は、数字の表記です。 横書きの文章では、原則として算用数字を使います。 ...

  接続詞は、つなげられた文章同士がどのような関係になるのかを示します。 それに加えて、文章にリズムを生み出す重要な役割も担っているのです   ここでは、主な接続詞の例をご紹介します。 ぜひ、執筆するときの参考にしてくだ ...

  日本語の書き言葉では、ひがらな、カタカナ、漢字が混在しています。 表音文字と表意文字が入り乱れる、特殊な文章体系なのです。     ひらがなの「か」を読んで、何からの意図が伝わるでしょうか。 表音文字から読 ...

  読み手にとって前文は「その文章を読みすすめるかどうか」の判断材料となります。 前文に書いた内容で、いかに読み手を惹きつけることができるかが重要です。 魅力的な前文を書くためには、3つの条件が必要です。   ...

  今回は、適正な文字数について考えてみましょう。 長すぎず、短すぎずの、ちょうど良い文字数。 書き手は、ここに気を配る必要があります。   ただし、すべての文章において共通する適正量を考えても無駄です。 テーマや内容に ...

  「起・承・転・結」で成り立つ四段構成は、私たちにもっとも馴染み深い文章作成法のひとつです。 例文を参考にしながら、構成上の役割と執筆するときのポイントを再確認しましょう。     例文  公園を歩いていたら ...

  箇条書きは、わかりやすい文書を作成するにあたって、欠かせない表記方法のひとつです。 情報を箇条書きにすれば、読み手に負担をかけずに、内容を理解させることができます。     しかし、いざ箇条書きを使おうと思 ...

  新聞記事やネットニュースなどで使われている文章の型を「結論先行型」といいます。 雑誌や広報、レポートや評論なども、結論先行型で書くのが基本です。     論点や主張といった核心部分を、あらかじめ冒頭で示すこ ...

  三段構成での文章作成は、論理的な文章に適しています。 しかし手放しに書いてしまっては、その効果を十分に発揮できません。 「序論」「本論」「結論」の役割をそれぞれを確認しながら、基本的なポイントを学んでいきましょう。 ...