今回は、漢字の扱いについてご紹介します。 日本語の文章において、常に気を配らなければならないところですね。   実のところ、漢字には大きな弱点があります。   たとえば、「生物」という言葉。 これについて考 ...

  要約は、執筆のなかでもとくに難しい作業のひとつです。 書き手でありながらも、自分の文章に振りまわされることもあるでしょう。 今回は、要約するときのヒントになり得る内容をご紹介します。   要約には、大きく分けて2つの ...

  文章を構成する上で、物事を対比させるときがあります。 物事を並べて説明する必要があったり、比較することで見えてくるものがあったりと、対比はスタンダードな書き方のひとつです。   今回は、その対比について考えます。 対 ...

今回は、表記について考えます。   日本語の文章における主な表記は、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」です。 さらには、そこに「アラビア数字」や「アルファベット」も加わります。 さまざまな表記に対応した、とても寛容な言語なのです。 ...

  文章の内容には、強調すべき部分があります。 それは、言葉であったり、表現であったり、場合によっては文そのものであったりもします。   今回は、文そのものを強調する方法についてご紹介します。 やり方はとてもかんたんです ...

  あらかじめ、取材対象をしっかり調べる。 取材前の準備としては、大前提となる部分ですね。 ● 相手を重んじた取材にするために   今回は、これを発展させます。 より良い情報を引き出すために、仮説を立てます。 ...

  文章で、人物や物事を説明しなければならないとき。 この場合、5W1Hを使って考えることをおすすめします。   とりあえず5W1Hをもとに材料をそろえると、書くべき情報がわかりやすくなります。 まとまりのある内容にする ...

  今回は、感情を表現する言葉について考えます。 「感情語」と呼ばれたりもしますね。   感情語の例 喜び 嬉しい / 楽しい / 良い 悲しみ 悲しい / 痛い / 残念 愛情 愛してる / 好き / 愛おしい 嫌悪 ...

今回は、文章の使い分けについて考えましょう。 文章には、相手に応じた文体があります。 書き手はこれを使い分けなければなりません。   例を見てみましょう。     例文 拝啓 時下、ますますご清栄のこととお慶び ...

  今回は、文章の「かたさ(堅さ)」について考えます。 多くの場合、このかたさは取り除いたほうがベターです。   もちろん「堅実な文章」を書くことが目的であれば、とくに気にする必要はありません。 しかしながら、そうでない ...