今回は、感情を表現する言葉について考えます。 「感情語」と呼ばれたりもしますね。   感情語の例 喜び 嬉しい / 楽しい / 良い 悲しみ 悲しい / 痛い / 残念 愛情 愛してる / 好き / 愛おしい 嫌悪 ...

今回は、文章の使い分けについて考えましょう。 文章には、相手に応じた文体があります。 書き手はこれを使い分けなければなりません。   例を見てみましょう。     例文 拝啓 時下、ますますご清栄のこととお慶び ...

  今回は、文章の「かたさ(堅さ)」について考えます。 多くの場合、このかたさは取り除いたほうがベターです。   もちろん「堅実な文章」を書くことが目的であれば、とくに気にする必要はありません。 しかしながら、そうでない ...

筆が進んでいくなかで、格好をつけたくなる瞬間はないでしょうか。 たとえば、格言に使われるような表現であったり、小説に書かれるような堅い語調であったり。 それを実用文に取り入れて、ムードを演出するのです。     しかし、 ...

  書きおえた文章を見直すと、書いた本人ですらしっくりこないことがあります。 文の意味は通じるものの、なんだかギクシャクしていて、このまま公開するのもはばかれるような違和感を覚える場合ですね。 大きな原因として、「文の内容」と「使 ...

  構成のなかに、時制をどのように組み込むか。 今回は、これについて考えましょう。   一般的に、時制は「過去」⇒「現在」⇒「未来」と流れていきます。 文章を書く場合では、かならずしもこの流れとおりに書かなくても良いので ...

今回は、比喩表現について考えます。 いくつかの技法がありますが、ご紹介するのはなかでも基本となる2つの表現方法です。   ずばり、直喩と隠喩です。   直喩 例文 あの人は、まるで風のように去っていった  ⇒「~のよう( ...

  書き出しがもつ大きな役割のひとつは、その後に続く内容への導入ですね。 この役割を果たすため、書き手は頭をフル回転させて文言を考えます。   ひとつ、良質な書き出しにするためのかんたんなコツがあります。 それは、書き出 ...

  執筆する仕事に携わっていると、「推敲」「校閲」「校正」という言葉を見聞きする機会が必ずあります。 今回はこれらの違いや、違いを知ることの意味についてご紹介します。   まずは、「推敲」「校閲」「校正」をざっくり定義し ...

  手元のスマートフォンひとつで、膨大な量の情報が手に入る時代。 この手軽さに魅力を感じないはずがありません。 インターネット上での文章を読む機会が多いという人は少なくないはずです。   書き手として、これを無視してはい ...