「短く書く」ということは、良い文章を書くための鉄則です。 しかし、むやみやたらに短く書けば、かえってわかりづらくなってしまうこともあります。 例文をみて考えていきましょう。     原文 大学の友達を4人集 ...

  無駄が多い文章は、読んでいて疲れてしまいますね。 今回ご紹介するのは、いわば文章をシェイプアップする方法です。 書き手の意図がないまま同じ言葉をくりかえすと、次のような文章になってしまいます。     原文 ...

  文章の締め方に悩んでいる書き手は多いのではないでしょうか。 今回は、あえて締めの説明を入れて文章を終わらせる方法をご紹介します。 例文を見てみましょう。     例文 ~ 本文 ~ 最後に、これだけは伝えて ...

  執筆の手が止まってしまう箇所のひとつに、「締め」があります。 「どのような終わり方をすればいいのか」 ここに悩んでいる書き手は少なくないでしょう。 対策として、終わりの型を用意してみましょう。     例文 ...

  短く書くということ。 これは、執筆の基本となるテクニックであり、心構えです。 知識として、あるいは感覚としてわかっている人も多いのではないでしょうか。   今回は、なぜ短く書かなければならないのかについて考えてみます ...

  だらだらと長い文章は、読み手を疲れさせます。 それを防ぐために用いる手段のひとつが、「改行」です。 改行は、読み手を疲れさせないだけでなく、書き手自身にも有益な効果をもたらします。 今回は改行がもたらず効果について、一歩踏み込 ...

  今回のテーマは、数字表記の統一です。 基本となるルールを踏まえながら、数字表記に対する考え方の部分まで掘り下げていきましょう。 まずは下記の文章をご覧ください。     原文 今月12日の最高気温は31度だ ...

  文章を書くときは、文中の表記を統一しなければなりません。 これは、実用文から文学作品まで、すべての文章に共通する原則です。 そのなかでも今回は、仮名の表記についてピックアップしてご紹介します。     原文 ...

  文章には、ひらがなで表記したほうが読みやすくなる場合があります。 今回は、副助詞にフォーカスしながら考えていきましょう。 まずは例文をご覧ください。     原文 冷蔵庫や洗濯機等、家電は大きければ大きい程 ...

  今回は、中点(なかてん)について考えます。 「中黒(なかぐろ)」や「黒丸(くろまる)」、「ぽつ」とも呼ばれていて、メジャーな約物のひとつです。 しかし、いざとなれば、その使い方に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 ...