一覧

【応用編】主語を明確にするための読点

こちらの記事にある内容を、さらに発展させましょう。 主語を明確にするための読点は、もっ...

記事を読む

読点の用法 基本の5つ

読点の用法はさまざまで、そのすべてに意味や役割があります。 ここでは、基本中の基本であ...

記事を読む

逆接を連続させない

逆接は、効果的に使える接続詞のひとつです。 これで文章同士をつなげば、読み手の視点を変...

記事を読む

導入はシンプルに書く

構成において戸惑いがちなのが、導入の書き方です。 どこまでの情報を、どの程度の文字数で...

記事を読む

「しかし」の効果的な使い方

「しかし」は、逆接の役割を果たす接続詞です。 誰もが当たり前のように使っていますが、こ...

記事を読む

事実を先に書く

すべての文章に含まれる内容は、「事実」と「感想」に大きく分かれます。 これらは、文章構...

記事を読む

長すぎる修飾を避ける

文章が長くなれば、読み手に負担をかけることになります。 書き手として特に気をつけたいの...

記事を読む

漢字が重複するときは要注意

ひとつの文のなかで、同じ漢字を2回以上使う場合があります。 同じ漢字を2回以上使うこと...

記事を読む

適切な言葉づかいは文書によって変わる

書き言葉と話し言葉は、似て非なるものです。 どちらの言葉づかいが適切なのか、その判断に...

記事を読む

早い段階で主旨を示す

文章の組み立てに問題があると、最後まで読まなければ意味が通じなくなることがあります。 ...

記事を読む