文章を書くときは、文中の表記を統一しなければなりません。 これは、実用文から文学作品まで、すべての文章に共通する原則です。 そのなかでも今回は、仮名の表記についてピックアップしてご紹介します。     原文 ...

  文章には、ひらがなで表記したほうが読みやすくなる場合があります。 今回は、副助詞にフォーカスしながら考えていきましょう。 まずは例文をご覧ください。     原文 冷蔵庫や洗濯機等、家電は大きければ大きい程 ...

  今回は、中点(なかてん)について考えます。 「中黒(なかぐろ)」や「黒丸(くろまる)」、「ぽつ」とも呼ばれていて、メジャーな約物のひとつです。 しかし、いざとなれば、その使い方に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 ...

  見慣れない漢字を使った文章は読みづらいものです。 文章を書くときには一般的に使われている漢字、つまり常用漢字を使うべきなのです。 もしも常用漢字以外の表記(表外漢字)を使うと、どのような文章になるのでしょうか。   ...

こちらの記事にある「前置きの節や語句を区切るための読点」について、より実用的な使い方をご紹介します。 はじめに、節や語句を区切ることだけがこの用法の役割ではありません。 これを応用すれば、文や句を引用して、本題のなかに挿入することもできるの ...

  基本的な読点の用法については、こちらの記事でご紹介しました。 その中から、「誤読を避けるための読点」をピックアップして詳しく説明します。   以前の記事では、この文を例に挙げました。 ● ここではきものを脱いでくださ ...

  語句を並べるための読点について、こちらの記事では並列させる場合の例文をご紹介しました。 語句同士が混在しないように、区切るための読点ですね。 しかし、この用法は、いくつかの言葉を並列させる場合にのみ適応されるわけではありません ...

  こちらの記事では、文と文をつなぐときに使う読点とご紹介しました。 とてもスタンダードな用法のひとつですが、あなどってはいけません。   わかりやすい例としては、「読点を打つタイミング」に迷ってしまう場合です。 そのよ ...

  こちらの記事にある内容を、さらに発展させましょう。 主語を明確にするための読点は、もっとも基本的な用法のひとつです。 しかし、甘くみてはいけません。 使い方しだいでは、文章を進化させることができるのです。   例をみ ...

  読点の用法はさまざまで、そのすべてに意味や役割があります。 ここでは、基本中の基本である5つの用法に絞ってご紹介します。 今まで、自身の感覚のみを頼りに読点を打っていた人は、この内容をもって意識づけしましょう。   ...