創作

  「書くこと」はとても大変な作業です。 まして「小説」を書くとなれば、もっと苦しい作業になるでしょう。 物語の構成や登場人物の設定など、書き手はたくさんのことを考えながら正確に文章を紡いでいかなければなりません。 それらをまとめ ...

創作

  登場人物に「この人だからこそできること」を設定すると便利です。 いいかえれば「特技」ですね。 これを要素として取り入れると、特定のキャラクターを形成しやすくなります。 そうして出来上がった登場人物は、効率良く物語に作用していく ...

創作

  今回は「登場人物の設定方法」について考えてみましょう。 人物の詳細をできるかぎり詰めていくることはもちろんですが、その前に覚えておくべきポイントがあります。 それがキャラクターを割り当てる感覚です。 この感覚をもちながら登場人 ...

創作

  回想の扱いは非常にデリケートで、書き手は多大なエネルギーを消費します。 今回は回想を取り入れるときのポイントをご紹介します。 とくに着目するのは回想の内容というよりも、物語の構造です。 順を追って見ていきましょう。 ...

創作

  書き手は常に、物語がおもしろくなる要因を考えているはずです。 そのひとつに「意外性」が挙げられるでしょう。 今回は物語に組み込む意外性について、基本となる考え方をご紹介します。     創作で扱う「意外性」 ...

創作

  物語において「主人公の変化」は非常に重要です。 最初から最後まで主人公の心情に変化がない物語は、人の心を動かしません。     「主人公の変化をどのようにもたらすか」は、執筆のポイントとなります。 今回は変 ...

創作

  今回は「リアル」と「リアリティ」の違いについてご紹介します。 両者は似て非なるものですから、書き手はこれらの違いを理解した上で使い分ける必要があります。 例をまじえながら考えていきましょう。     「リア ...

創作

  書き手が人間観察をするときは、さまざまな情報を一瞬で読み取らなければなりません。 今回扱うのは、「雰囲気」「細部」「意外な要素」「視線の先」の4つです。 これらの複合的な情報を収集し、想像を膨らませていきます。 詳しく見ていき ...

創作

  小説で描く人物には、「リアリティ」が求められます。 あえて浮世離れした人物を描くこともありますが、それは「人物を描く力」をすでにもっているからこそ使える手法です。 リアリティのある人物を描くには、普段から書き手の目線で人間を観 ...

創作

  主人公やヒロインの設定には力を入れるはずです。 物語に敵役がいれば、その描き方にも工夫を凝らすでしょう。 しかし「町人A」「通行人B」「先客C」など、場面に居合わせた登場人物の描き方はそっちのけになりがちです。 今回は「その他 ...