小説執筆一覧

物語の現実を会話文で壊さない

物語には、物語の現実があります。 これを、書き手の都合にあわせて扱ってはなりま...

記事を読む

「作者=主人公」に注意

主人公を「自分の分身」として扱ってはいないでしょうか。 一人称視点の作品では、とくに「...

記事を読む

感性の違いを描写で表現する

コップ半分の水をイメージしましょう。 これについて、「あと半分もある」と感じる...

記事を読む

描写は「何を感じるか」で決まる

人間には、見えるはずのものを見ようとする性質があります。 たとえば「富士山」を...

記事を読む

描写を使って引き寄せる

今回は、描写文の効果について詳しく見ていきましょう。 こちらの記事にも書いたように、描...

記事を読む

会話文の「落としどころ」を見つける

今回は、会話文の文体について考えましょう。 こちらの記事で、会話文には「超えら...

記事を読む

会話文が越えられない壁

小説の会話文を書くにあたって、自然な会話を目指すのは当然のことです。 しかしタイトルにあるよう...

記事を読む

登場人物の会話を「作者の発言」にしない

会話文は、登場人物が発した言葉です。 作者の発言ではありません。 会話文を「作者...

記事を読む

会話に情報を盛り込むときは慎重に

会話文は、説明文としての役割を果たすことができます。 たとえば、ある登場人物が...

記事を読む

文章で時間軸を調整する

今回は「時間軸の調整」について、基本的な考え方をご紹介します。 当然ながら作品のなかに...

記事を読む