ここでは実際に、ペルソナを作成します。 仮に、「100円ショップの便利グッズ」について、商品紹介の記事を書くとします。     ペルソナ その1 ① 大学生 ② 専業主婦 ③ ビジネスマン   ...

  文章を書くときに時間がかかってしまう人は、書きながら内容を考えている可能性が高いです。   「書くこと」と「考えること」を同時進行してしまうと、書きあがるまでに時間がかかるだけでなく、文章の質も低下します。 ...

  文章を書いて何かを発信するとき、万人受けを狙うのはおすすめできません。 無難で平凡な、密度の薄いものを書いてしまう可能性が高いからです。 良質な文章に仕上げるためには、ターゲットを絞ることが最優先です。   ...

      ここに2通のラブレターがあります。 想いがこもっているのは、どちらのラブレターでしょう。   A. 10人に宛てたラブレター B. 1人に宛てたラブレター   Aの場合は、10人 ...

  ペルソナは「ある特定の人物像」を意味する言葉です。 心理学者のユングが使用したことで有名ですね。 少しづつですが、一般社会にも普及しつつある言葉です。   特に、ビジネスシーンにおいて、この言葉を聞いたことがある方は ...

  文章を読んでもらうには、読み手にとって有益な情報が記載されていなければなりません。 内容に含まれる情報は、正確であることが求められます。 信憑性に欠けるものであれば、どれだけ文章が秀逸だったとしても、読んでもらえないのです。 ...

  執筆にあたって、完璧な出来を追求しすぎるのはやめましょう。 文章に絶対的な正解はないのです。     たとえば、上記のセンテンスをもって考えてみましょう。   ・絶対的な正解は、文章にはないのです ...

  良い文章を書こうとしたとき、ついつい美文を書こうとしていませんか? 難しい言葉を使ったり、上手い例え話を持ち出したり、奇をてらった表現をしてみたり・・・。 これらの手法は決して悪いことではありませんし、作成する文書によっては必 ...

  文章を書くにあたって、もっとも重要なのは読み手を意識することです。 これは執筆の大前提であり、すべての文章に共通する大切な心構えです。     雑誌や新聞などの紙媒体であれば、定期的な読者がいます。 ウェブ ...

  文章を書くにあたって、わかりやすさや読みやすさは欠かせないものです。 しかし書くための技術や知識をどれだけ備えても、無駄に終わってしまうかもしれません。   なぜなら、文章の内容におもしろみがなければ、読んでもらうこ ...