自分の気持ちや考えを文章で表現するのは、すばらしいことです。 ただし、それを押し付けてはいけません。 良い文章を書くためには、自分を律する必要があります。     例文1  タバコはくさい!喫煙者なんてみん ...

  作成するペルソナが具体的であればあるほど、誰に向けて何を書くのかが明確になります。 広く薄めたものではなく、充実した色濃い内容を書くことができます。   ペルソナをかんたんに作成する方法は、知り合いをモデルにすること ...

  ここでは実際に、ペルソナを作成します。 仮に、「100円ショップの便利グッズ」について、商品紹介の記事を書くとします。     ペルソナ その1 ① 大学生 ② 専業主婦 ③ ビジネスマン   ...

  文章を書くときに時間がかかってしまう人は、書きながら内容を考えている可能性が高いです。   「書くこと」と「考えること」を同時進行してしまうと、書きあがるまでに時間がかかるだけでなく、文章の質も低下します。 ...

  文章を書いて何かを発信するとき、万人受けを狙うのはおすすめできません。 無難で平凡な、密度の薄いものを書いてしまう可能性が高いからです。 良質な文章に仕上げるためには、ターゲットを絞ることが最優先です。   ...

      ここに2通のラブレターがあります。 想いがこもっているのは、どちらのラブレターでしょう。   A. 10人に宛てたラブレター B. 1人に宛てたラブレター   Aの場合は、10人 ...

  ペルソナは「ある特定の人物像」を意味する言葉です。 心理学者のユングが使用したことで有名ですね。 少しづつですが、一般社会にも普及しつつある言葉です。   特に、ビジネスシーンにおいて、この言葉を聞いたことがある方は ...

  文章を読んでもらうには、読み手にとって有益な情報が記載されていなければなりません。 内容に含まれる情報は、正確であることが求められます。 信憑性に欠けるものであれば、どれだけ文章が秀逸だったとしても、読んでもらえないのです。 ...

  執筆にあたって、完璧な出来を追求しすぎるのはやめましょう。 文章に絶対的な正解はないのです。     たとえば、上記のセンテンスをもって考えてみましょう。   ・絶対的な正解は、文章にはないのです ...

  良い文章を書こうとしたとき、ついつい美文を書こうとしていませんか? 難しい言葉を使ったり、上手い例え話を持ち出したり、奇をてらった表現をしてみたり・・・。 これらの手法は決して悪いことではありませんし、作成する文書によっては必 ...