「思うように書けない」 物書きであれば、誰しもがこの状況に悩まされた経験があるでしょう。   書いている途中に筆が止まってしまう短期的なもの。 または、スランプのように長期的なもの。 書けない状況に陥ってしまう頻度も ...

  伝えたいことを書く。 これは当然のことで、文章の基本ですね。   書き手自身が、伝えたいことがわかってなければ伝えることはできません。 これもまた、当然のことです。   しかし、この部分がおろそかになっては ...

  見出しに使う文言は、書き手の悩みどころですね。 今回は、本文で使われている言葉から作り出す方法をご紹介します。 完成までは、たった3ステップです。 さまざまな作り方がある中でも、もっともかんたんな方法です。   ...

    どのような文章でも、説明をしなければならない局面に遭遇するでしょう。 そのときにわかりやすく説明できるどうかは、書き手の手腕にかかっています。 今回は、説明の基本的な考え方に焦点をしぼってご紹介します。 ...

  文章を書くときには、いつも冷静であるべきです。 さまざまな思いが心の中にあったとしても、それをそのまま表現すると文章が乱れてしまうからです。 具体例を交えながら考えていきましょう。       原 ...

  ありきたりな内容を並べるだけでは、価値のある文章を書くことはできないでしょう。 自分にしか書けないことがあれば、たとえ秀逸な書き方でなくても、その文章は特別なものになります。 「自分にしか書けない内容」と銘打てば、難しく考えて ...

  学校で習ったはずの「体言止め」ですが、これをうまく使える人はそれほど多くないでしょう。 そもそも、体言止めがどのような用法であるかを忘れてしまっている場合がほとんどです。 今回は、体言止めの定義や効果など、基本的なことを学んで ...

  同じ発音で違った意味をもつ言葉を、同音異義語といいます。 日本語には、挙げればきりがないほど、数多くの同音異義語が存在します。 言葉を扱う書き手としては、注意が必要です。     原文 彼は、私の意見に意義 ...

  言葉の意味は、正確に覚える必要があります。 どこかで聞いた表現を、あいまいな解釈をしたままの状態で使ってはいけません。 自分のボキャブラリーについて、過信や油断があると、次のようなミスが起こってしまうかもしれません。 ...

  お役所言葉とは、役所や省庁、行政機関で使われる独特の言い回しのことです。 公的な書類をみると、難しい表現で書かれていることがありますね。 あのような表現は、自分の文章に持ちこまないようにしましょう。     ...