一覧

表現のインフレは文章を乱す

文章を書くときには、いつも冷静であるべきです。 さまざまな思いが心の中にあったとしても...

記事を読む

自分にしか書けないことを見つける

ありきたりな内容を並べるだけでは、価値のある文章を書くことはできないでしょう。 自分に...

記事を読む

体言止めを活用する

学校で習ったはずの「体言止め」ですが、これをうまく使える人はそれほど多くないでしょう。 ...

記事を読む

同音異義語に注意する

同じ発音で違った意味をもつ言葉を、同音異義語といいます。 日本語には、挙げればきりがな...

記事を読む

聞きかじりの言葉に注意する

言葉の意味は、正確に覚える必要があります。 どこかで聞いた表現を、あいまいな解釈をした...

記事を読む

お役所言葉を避ける

お役所言葉とは、役所や省庁、行政機関で使われる独特の言い回しのことです。 公的な書類を...

記事を読む

なじみのある表現を使う

理解できない言葉が文章のなかにあったとき、読み手はどのような行動をとるのでしょう。 ...

記事を読む

無駄な修飾語を省く

文章を読むという行為は、ただでさえエネルギーを使うものです。 無駄な表現が書かれた文章...

記事を読む

思い出したことを書く

自発的に書く文章でも、誰かに書かされる文章でも、「何を書けばいいのかわからない」という状態に...

記事を読む

不十分な根拠でも、説得力を向上させる工夫

日常生活では、十分な根拠を提示できない中で相手を納得させなければならない状況があります。 ...

記事を読む