「伝えたいことを書く」 何度もご紹介している文言ですね。 今回は、このことを掘りさげて考えていきます。   「伝えたいことを書く」は、胸のなかにたまっているものを吐き出すということではありません。 書き手の思うがまま ...

  先入観は、書き手にとって厄介な存在です。 書き手が先入観に縛られてしまうと、文章の幅は極端に狭まってしまいます。     たとえば、「コロンブスの卵」です。 コロンブスは、底部の殻を割ることによって卵を立た ...

私たちが普段何気なく使っている言葉には、男女の差があります。 今回は、名詞の性別について考えて見ましょう。   多くの外国語、とくにヨーロッパの言語では、名詞の性を区別する場合が多くあります。 たとえばラテン語圏では、「太陽」は男 ...

  ありのままを表現して伝えることが、必ずしも良いとは限りません。 とくに、物事を類型化する場合は注意が必要です。 使われた言葉によっては、読み手が感じとる印象まで類型化させてしまうことがあります。     た ...

  書き手は、伝えるべき内容を正確な言葉に変換しようとします。 あいまいな表現を使ってしまうと、読み手に文意が伝わらず、誤解を生じさせる可能性があるからです。 正しい言葉に変換しようとする試みはとても重要で、執筆の基礎ともいえる姿 ...

  執筆の進捗は、書き手のやる気に比例しません。 「気合いは十分だったのに、いざパソコンの前に座ったら一文字も書けなかった」なんてことはありませんか? 逆に、「リラックスした状態でいたら、スラスラと書けた」ことだってあるでしょう。 ...

  今回は、連語について考えます。 ここで扱うのは成句や熟語としての連語ではなく、自然な語句の組み合わせという意味での連語です。 つまり、コロケーションですね。   例 × シャツをはく ○ シャツを着る   ...

  熱い文章を書くときがあります。 書き手である以上、情熱をもって執筆することは絶対に必要です。 いくら経験を積んだとしても、その勢いを忘れてはなりません。 特別な思いを表現するからこそ、読み手に伝わる文章を書くことができるのです ...

  今回は、文章の純度について考えます。 ここでいう「純度」とは、伝えたいことが濁りなく表現できている度合いのことです。   例をみながら考えていきましょう。     原文 結婚式に300万円が必要だ ...

  書き手が恐れるべきは、言葉の誤用です。 避けなければならないとわかっていても、常に辞書片手に執筆するわけにはいきません。 具体的な対策を講じるとなると、なかなか厄介なのです。   そこで今回は、日ごろから実践できる「 ...