一覧

お役所言葉を避ける

お役所言葉とは、役所や省庁、行政機関で使われる独特の言い回しのことです。 公的な書類を...

記事を読む

なじみのある表現を使う

理解できない言葉が文章のなかにあったとき、読み手はどのような行動をとるのでしょう。 ...

記事を読む

無駄な修飾語を省く

文章を読むという行為は、ただでさえエネルギーを使うものです。 無駄な表現が書かれた文章...

記事を読む

相手を主体として書く

文章を書くという行為は、自己を表現する方法のひとつです。 そのため、自己中心的な文言に...

記事を読む

思い出したことを書く

自発的に書く文章でも、誰かに書かされる文章でも、「何を書けばいいのかわからない」という状態に...

記事を読む

不十分な根拠でも、説得力を向上させる工夫

日常生活では、十分な根拠を提示できない中で相手を納得させなければならない状況があります。 ...

記事を読む

不適切な資料を参考にしない

文章を書くうえで必須となるのが、資料の存在です。 昨今では老若男女問わずインターネット...

記事を読む

信頼できる統計を使う

統計の結果は数字で表されているため、主張の根拠として有効に働きます。 これを持ち出せば...

記事を読む

主語につかない「は」と「が」

主語につく格助詞といえば、格助詞「は」と「が」ですね。 「私は~です」「これが~です」...

記事を読む

上位概念と下位概念を区別する

物事は、上位概念と下位概念に分けることができます。 上位概念とは、広い範囲に及ぶ概念の...

記事を読む