理解できない言葉が文章のなかにあったとき、読み手はどのような行動をとるのでしょう。   言葉の雰囲気からなんとなく予想してくれれば、まだ救いはあります。 最悪の場合、その部分を読み飛ばしてしまうことも十分に考えられま ...

  文章を読むという行為は、ただでさえエネルギーを使うものです。 無駄な表現が書かれた文章は、読みたくないものですね。 特に、過度な修飾をしてしまうと、かえって読み手に負担をかけてしまいます。 今回は、「無駄な修飾語を省く」をテー ...

  自発的に書く文章でも、誰かに書かされる文章でも、「何を書けばいいのかわからない」という状態になることがあります。 今回は、その原因と対策について考えていきましょう。   たとえば、工場見学のレポートを書くとします。 ...

  日常生活では、十分な根拠を提示できない中で相手を納得させなければならない状況があります。 説明する時間がなかったり、そもそも根拠として扱える材料がそろっていなかったり、シチュエーションはさまざまです。   このことに ...

  文章を書くうえで必須となるのが、資料の存在です。 昨今では老若男女問わずインターネットが身近になり、調べ物に対するハードルが下がりました。 手元で操作するだけで、わざわざ時間をかけなくても答えが手に入るのです。 ただし、そのな ...

  統計の結果は数字で表されているため、主張の根拠として有効に働きます。 これを持ち出せば文章の説得力が増し、読み手の信頼を得ることができるのです。   しかしそれは、信頼できる統計データに限ってのことです。 どれだけ正 ...

  主語につく格助詞といえば、格助詞「は」と「が」ですね。 「私は~です」「これが~です」といったように、その言葉を主語として認識できるのは、これらの格助詞がついているおかげです。   しかし「は」と「が」は、必ずしも主 ...

  物事は、上位概念と下位概念に分けることができます。 上位概念とは、広い範囲に及ぶ概念のことをいいます。 その中に含まれる比較的小さな概念を、下位概念と呼びます。   これらを混在させて並べると、あべこべな文章になって ...

    言葉を自在に操ることができれば、書くことをより楽しめるようになります。 楽しみながら書いた文章はいきいきとしたものになり、結果として読み手を満足させることができるのです。   ただし、言葉を自在に操るに ...

  もしも、全部のパートがサビという楽曲があったとします。 そのような楽曲を聴いて、一体どれくらいの人が感動するでしょうか。 おそらく、かえって単調に感じてしまうことでしょう。   理由は、盛り上がりどころがつかめないか ...