どのような文章でも、説明をしなければならない局面に遭遇するでしょう。 そのときにわかりやすく説明できるどうかは、書き手の手腕にかかっています。 今回は、説明の基本的な考え方に焦点をしぼってご紹介します。 ...

  文章を書くときには、いつも冷静であるべきです。 さまざまな思いが心の中にあったとしても、それをそのまま表現すると文章が乱れてしまうからです。 具体例を交えながら考えていきましょう。       原 ...

  ありきたりな内容を並べるだけでは、価値のある文章を書くことはできないでしょう。 自分にしか書けないことがあれば、たとえ秀逸な書き方でなくても、その文章は特別なものになります。 「自分にしか書けない内容」と銘打てば、難しく考えて ...

  同じ発音で違った意味をもつ言葉を、同音異義語といいます。 日本語には、挙げればきりがないほど、数多くの同音異義語が存在します。 言葉を扱う書き手としては、注意が必要です。     原文 彼は、私の意見に意義 ...

  言葉の意味は、正確に覚える必要があります。 どこかで聞いた表現を、あいまいな解釈をしたままの状態で使ってはいけません。 自分のボキャブラリーについて、過信や油断があると、次のようなミスが起こってしまうかもしれません。 ...

  お役所言葉とは、役所や省庁、行政機関で使われる独特の言い回しのことです。 公的な書類をみると、難しい表現で書かれていることがありますね。 あのような表現は、自分の文章に持ちこまないようにしましょう。     ...

  理解できない言葉が文章のなかにあったとき、読み手はどのような行動をとるのでしょう。   言葉の雰囲気からなんとなく予想してくれれば、まだ救いはあります。 最悪の場合、その部分を読み飛ばしてしまうことも十分に考えられま ...

  文章を読むという行為は、ただでさえエネルギーを使うものです。 無駄な表現が書かれた文章は、読みたくないものですね。 特に、過度な修飾をしてしまうと、かえって読み手に負担をかけてしまいます。 今回は、「無駄な修飾語を省く」をテー ...

  自発的に書く文章でも、誰かに書かされる文章でも、「何を書けばいいのかわからない」という状態になることがあります。 今回は、その原因と対策について考えていきましょう。   たとえば、工場見学のレポートを書くとします。 ...

  日常生活では、十分な根拠を提示できない中で相手を納得させなければならない状況があります。 説明する時間がなかったり、そもそも根拠として扱える材料がそろっていなかったり、シチュエーションはさまざまです。   このことに ...