書き手が抱いた「なぜ」という疑問から生まれる文章があります。 そこに書かれる内容は、探究心をもって書くことになるでしょう。 この性質を利用すれば、文章をふくらませることができるようになります。 順を追って確認していきましょう。 ...

  ときに書き手は、特定の部分を強調したいと思うことがあります。 ブログのように「太字」や「赤字」、「書体」や「フォントサイズ」を変更できるのなら楽チンです。 しかし世の中には、小説や作文など、自由にカスタマイズできない文章も多々 ...

  「描写」と「説明」の境界線はあいまいです。 「描写したつもりだったのに、いつの間にか説明になっていた」という状況も珍しくはありません。   今回は、描写するテクニックについてご紹介します。 誰でもかんたんに使えるもの ...

  文章の書き方で混同しがちなのは「説明」と「描写」です。 書くときには"描写"のつもりであったとても、なにかを描くことで読み手にその様子を知らしめることに変わりはありません。 そのため、「結局のところ説明と変わらないのでは?」と ...

  文章を書いていると、最初と最後で内容が変わっていることがよくあります。 今回は、これをシンクロさせることについて考えていきましょう。 流れのまま書くと文章が散らかってしまい、読み手にうまく伝わらない恐れがあります。 ...

  こちらの記事で、書くときには「動詞に重きをおく」とご紹介しました。     具体的にこれをテクニックとして活用すると、文章にさまざまな変化を加えることができます。 わかりやすいところでは、文章の印象に「かた ...

  今回は、話を受けとめる表現について考えましょう。 代表的な表現は、「話した」「語った」「述べた」の3つです。   例 ● 彼は「○○」と話した。 ● 彼は「○○」と語った。 ● 彼は「○○」と述べた。   ...

  匂いを詳しく表現することは、かんたんではありません。 今回は、匂いの表現について一歩下がった状態で考えてみます。   結論からいえば、詳しく説明することをあきらめてしまいます。 あえてあいまいに表現することで、また違 ...

  前回ご紹介した内容の続きです。 ● 「似たような何か」で匂いを表現する 今回は、上記の内容を発展させます。   「似たような何か」を借用するときは、イメージしやすいモノを持ちだすことで匂いを表現することができました。 ...

  「匂い」をどのように表現すべきか。 ここ部分に困っている書き手も多いのではないでしょうか。   色の描写であればすでにさまざまな表現が存在しているため、それを用いれば良いのです。 しかし「匂い」となると、色ほど繊細な ...