今回は、「上・中・下」を使った表現についてご紹介します。 考えるべきは、文章にとってこの表現が必要かどうかです。   この時点では、まだピンときていないかもしれませんね。 「上・中・下」を使った表現とは、次のような文 ...

  どのように表現すれば、そのモノの様子が読み手に伝わるか。 書き手は、これを考えながら描写する必要があります。   今回は、モノを描写するときに、書き手が着目すべきポイントをご紹介します。     ...

  読み手の心に残るような、キャッチーな表現。 文章のなかにこうした表現を使うには、コピーライターのような感性が必要です。   「感性」が特別な能力であることは否定しません。 しかし、実のところ、印象的な表現にはちょっと ...

  今回は、誰かの発言を文章に落とし込む表現についてご紹介します。 この表現方法は、大きく分けて2種類あります。 「直接話法」と「間接話法」です。   例文を読んでみましょう。     例文 ● 直接 ...

  文章のなかで、相手に要求する表現を使うことがあります。 そのような表現で書かれた文章は、扱いがデリケートになります。 例を見てみましょう。     例文 恐れ入りますが、速やかにお送りいただくようお願い申し ...

  文章そのものを形容する言葉は多々あります。 今回は、そのなかの「乾湿」について考えます。   要するに、「乾いた文章」と「湿った文章」ですね。 これらにどのような特長があるのかを見ていきましょう。   ...

  今回は、平坦で素っ気ない文章に抑揚をつける工夫についてご紹介します。 まずは例文を見てみましょう。     原文 2017年、A塾での国公立大学進学者数は134名だった。 同年、B塾での国公立大学進学者数は ...

  文章にデータが盛り込まれると、読み手に与える説得力が格段にアップします。 伝わる文章を書くためには、データの扱いが重要な鍵となるのです。   グラフや表で示されたデータであれば、書き手としても扱いやすいでしょう。 し ...

執筆は、自分を大きく見せるにあたって最適な環境が整っています。   誰かと向き合って話すわけではないため、原則、相手の応答がありません。 それだけでなく、自分が何かを発信するときも、その内容を吟味する時間があります。   ...

直喩と隠喩は、こちらの記事でご紹介した代表的な比喩表現ですね。 ● 直喩と隠喩 今回は、これらの使いわけについて考えます。     直喩と隠喩の使い分けには、おさえておきたいポイントがあります。 「例えられるもの」と「例 ...