書き手にとっての「当たり前」が、読み手に通用するとは限りません。 一般的ではない言葉を扱ってしまうと、独りよがりな文章になってしまうかもしれません。 業界用語を組み込むときは、とくに慎重になるべきです。   ...

  実直に書くばかりが良い文章とは限りません。 書き手が少しひねくれることも、文章を面白くするためのテクニックのひとつです。 今回は、皮肉をこめた表現についてご紹介します。       例文 不良品で ...

  内容をしっかり伝えたいときには、あいまいな表現を使わずに語尾を言い切ることが重要です。 しかし、ただ言い切るばかりでは、文章が味気なくなってしまいます。 変化をもたらすためにも、反語を使って表現してみましょう。   ...

  たくさんの説明が、文章をわかりやすくするとは限りません。 あえておおざっぱに書いたほうが、読み手に伝わることもあります。 例文を見てみましょう。     原文 このプリンターは、改良されたビジネスインクジェ ...

  語句を並べるとき、「または」や「もしくは」といった接続詞を使うことがありますね。 どちらも同じような意味、同じような使い方をする接続詞です。 しかし、これらの適切な使いどころは、少し変わってくるのです。 今回は、「または」と「 ...

  今回は、あえてシンプルに書かない表現をご紹介します。 一歩踏み外してしまうと、わかりづらく文章になってしまう諸刃の剣です。 しかし、これを使いこなすことができれば、あなたの文章は間違いなくステップアップできます。   ...

  伝えたい語句を強調する方法はさまざまです。 かぎ括弧を使ったり、太字にしたりと、書き手はさまざまな工夫を凝らすでしょう。 意外なところでは、カタカナにも同様の強調機能があります。 例を見ながら考えていきましょう。   ...

  書き言葉として使うにあって、ふさわしくないとみなされる表現は多々あります。 その内のひとつが、「イ抜き言葉」です。 例文をみながら、これについて考えましょう。     原文 このサッカー選手は、世界を舞台に ...

  主語を明確にすることは、日本語の文章における鉄則のひとつです。 しかしこれを意識しすぎると、主語を乱用した文章になってしまいます。 例文を見ながら考えていきましょう。     原文 商売が繁盛して、お金が儲 ...

  こちらの記事では、文末に動詞を使うことで文章に「動き」を加えられるとご紹介しました。 文に「動き」を加える工夫 ただし、考えなしに動詞を並べるだけでは、その効果を十分に発揮できない場合があります。     ...