一覧

文に「動き」を加える工夫

退屈な文章にならないための工夫は、書き手としてこなすべき仕事のひとつです。 今回ご紹介...

記事を読む

熟語を上手く使う

熟語とは、漢字2文字以上で構成される単語のことです。 これをうまく使えば、文章をすっき...

記事を読む

強調するためのかぎ括弧に頼らない

かぎ括弧を使えば、中にある文言が強調されます。 ただ「 」で閉じるだけなので、かんたん...

記事を読む

「そこで」と「したがって」を使い分ける

今回は「そこで」と「したがって」について考えていきましょう。 どちらも同じような場面で...

記事を読む

「する」と「させる」を区別する

文章に起こるミスのほとんどは、言葉の使い方を誤ったものです。 なかには、書き手自身はも...

記事を読む

修飾関係を明確にする

文章に組み込む語句は、その修飾関係が明確でなければなりません。 説明や描写が必要になる...

記事を読む

主語と述語を対応させる

重文や複文では、主語が2つになることがあります。 この時点では特に問題ありませんが、述...

記事を読む

不要な名詞句を書かない

文章において欠かすことのできない存在のひとつが、名詞句です。 これは、文法上の立ち位置...

記事を読む

言葉の意味を考えて重複を防ぐ

文章において、書き手の無知が引き起こすミスであれば、ある程度許容できるという見方もできます。...

記事を読む

近い距離で同じ語句を使わない

語句の重複は、執筆におけるミスのひとつです。 段落が変わったり、ページをまたいだりする...

記事を読む