かぎ括弧を使えば、中にある文言が強調されます。 ただ「 」で閉じるだけなので、かんたんに読み手の目を引くことができるのです。 とても有効なテクニックですが、これに頼りすぎると思わぬ誤解を招く可能性があります。   ...

  今回は「そこで」と「したがって」について考えていきましょう。 どちらも同じような場面で用いられる接続詞で、原因から結果を導き出す場合などにこれらを使います。   しかし「そこで」と「したがって」には、使い分けの基準が ...

  文章に起こるミスのほとんどは、言葉の使い方を誤ったものです。 なかには、書き手自身はもちろん、読み手すらも気付かないミスもあります。 わかりやすい例をひとつ挙げるとすれば、「する」と「させる」の使い方です。   とき ...

  文章に組み込む語句は、その修飾関係が明確でなければなりません。 説明や描写が必要になる場合は、特に注意が必要です。 本来伝えるべき意味を誤解される可能性があるからです。   そのような状況を未然に防ぐための方法を3つ ...

  重文や複文では、主語が2つになることがあります。 この時点では特に問題ありませんが、述語が1つになる場合には注意が必要です。 主語と述語を対応させなければ、不可解な文章になってしまいます。     原文   ...

  文章において欠かすことのできない存在のひとつが、名詞句です。 これは、文法上の立ち位置に限ったことではありません。 動詞を名詞化する作用をもつので、書き手にとってもありがたいテクニックでもあります。 ただし、不要なものまで名詞 ...

  文章において、書き手の無知が引き起こすミスであれば、ある程度許容できるという見方もできます。 発覚したその場で学べば良いのですから、二度と同じことは起きないしょう。   しかし意味の重複が起きている場合は、少し事情が ...

  語句の重複は、執筆におけるミスのひとつです。 段落が変わったり、ページをまたいだりするのであれば問題ありませんが、近い距離でこれが起きるのは避けましょう。 意味が重なってしまうのはもちろんのこと、伝わりづらい文章になってしまう ...

  尊敬語と謙譲語は、どちらも相手に対する尊敬の念を表します。 これらを使いこなすのは日本人でも難しく、間違った使い方をしている文章を目にすることがあります。     まずは使い分けの基準について、ご紹介します ...

  文章において、慣用句は効果的なエッセンスのひとつです。 これを用いると、伝えたい内容を一言で表すことができるのです。     例文 数年前までお金に困っていた彼女が、今は優雅できらびやかな生活を送っていた。 ...