創作

  小説を書くときには、書き手なりの視点をもって向き合うはずです。 いわゆる「書き手の視点」ですね。 「書き手の視点」は複眼的なもので、見る角度や距離によってさまざまなものが映りこんできます。 具体的に考えていきましょう。 ...

創作

  作品には、書き手自身からにじみ出てくるものがあります。 それは小説の「迫力」として、読み手を惹きつける要素となります。 小説に迫力がもたらされるとき、もっとも強く影響するのは「経験」です。 今回は書き手がもつ「経験」について考 ...

  文章を書く「動機」は、内容全体に影響を及ぼします。 これについて書き手は、文章を「書き出す前」の段階で考えなければなりません。 動機は、文章の完成度はもちろん、構成や見出しを考えるときにも大きな存在感を放つからです。 以降で具 ...

  書き手が「伝えたい」と思うその動機は、文章の書き方にも強く影響します。 文章を軌道修正するときの指標として、動機が大いに役立ちます。 執筆中に迷ってしまったとき、即効性のある薬となるでしょう。 今回は「動機が実際の執筆にどのよ ...

  書き手がなにかを伝えようとするとき、考えが及びやすいのは「伝え方」です。 今回ご紹介するのは、伝え方や書き方といった文章が「開いていく方向」ではありません。 「掘り下げる方向」に目を向け、文章を書く動機について考えます。 書き ...