今回は助詞「が」について考えていきましょう。 よく使われる助詞のひとつですが、この助詞が活躍する場面はたった2つしかありません。     「が」を使う場面 ① 主語を示すとき     例 : あの山が富士山 ...

  今回は、よく使われる助詞「で」について考えていきましょう。 「で」を使う場面は、主に3種類あります。     「で」を使う場面 ① 手段を表すとき     例 : 万年筆で書く。 ② 場所を表すとき     ...

  大事な内容を先に書くことで、文章は格段に読みやすくなります。 例文をみながら考えていきましょう。     原文 あの定食屋は、量が多いのに値段が安いし、なにより作るのが早い。 お昼の休憩にも利用しやすいので ...

  1つの文章のなかで、2つ以上の修飾語を使うことがあります。 そのとき、修飾語の扱いには気をつけなければなりません。 修飾語の順序によっては、文章の善し悪しが左右されるのです。       原文   ...

  修飾語とは、文字どおり「飾る言葉」のことをいいます。 主な役割は、他の文節や言葉を詳しく説明することです。   それに対して、飾られる言葉を被修飾語といいます。 修飾語の内容を受けて、文の核となる存在です。 ...