ひとつの見出しは、どのくらい文字数で書くのが適正でしょうか。 長すぎても、短すぎても、文章の体裁は整いません。 目安となる文字数があれば、ぜひ知りたいですよね。     ひとつの見出しに書く文字数は、400 ...

  「自動車の運転」について説明するとします。 基本となるのは、アクセルとブレーキ、ハンドルの操作ですね。 どれかひとつでも欠ければ、自動車の運転はできません。   つまり「アクセル」「ブレーキ」「ハンドル」は、同列に説 ...

  「起承転結」は文章構成の基本です。 個人の日記から学術論文まで、さまざまな文章に応用できる構成法です。 しかし、考えなしにこの構成法を用いれば良いわけではありません。 特に、長い文章の場合は、少しコツが必要なのです。 ...

  接続詞は、その文章がどこへ向かうのかを読み手に示す役割をもっています。 特に序盤の文章となれば、方向を明確に定めなければいけません。 その表現によって、どのような心持ちでその文章を読むかが決まるからです。 基本となる表現をおさ ...

    目次があれば、さっと目を通しただけで、文章の内容を読み取ることができます。 1000文字程度の文章であれば、概要を箇条書きしただけの目次でも、十分成立します。     ただし2000字を越える ...