数え方が変わる名詞に注意する

ペットとして犬を飼っているとします。 犬のことを文章で紹介するときは、どのような数え方...

記事を読む

「れる」「られる」で逃げない

助動詞「れる」「られる」には、4つの用法があります。 ● 受身(~される) ...

記事を読む

文章をくどくする「こそあど言葉」

こそあど言葉は、文章にとってなくてはならない存在です。 しかし使い方を誤ってしまうと、...

記事を読む

こそあど言葉で表現する

こそあど言葉とは、代名詞や限定詞として使われる指示語です。 「これ」「それ」「あれ」の...

記事を読む

連用中止「、」の使い方

文章において、重要な役割を担うのが読点「、」の使い方です。 今回は連用中止と呼ばれる用...

記事を読む

「テ形接続」の使い方

「テ形接続」とは、単文と単文をあわせて複文にする用法です。 前後二つの事柄を「て」でつ...

記事を読む

文章は論理的でなければ成立しない

読み手に負担をかけない文章など、この世に存在しません。 文章は、誰にもわかってもらえな...

記事を読む

感情語と論理語

タンスの角に小指をぶつけて、「ぎゃー!」「うぁあー!」「でぇー!」といった悲鳴をあげ...

記事を読む

日本人が気付かない表現の多様性

表現の多様性は、日本語がもつ特徴のひとつです。 頭でわかっていても実感したことはない、...

記事を読む

三人称の表現で、伝わり方が変わる

三人称の使い方について調べると、検索上位に上がるのは三人称小説の執筆方法に関する記事です。 ...

記事を読む