たったひとつの単語が、文章を台無しにすることがあります。 略語を使ったときです。   書く側の当たり前が、読む人の当たり前とは限りません。 略語の解釈に差異が生じたり、そもそも意味が通じなかったりすると、途端に読みづ ...

  今回は、文章の純度について考えます。 ここでいう「純度」とは、伝えたいことが濁りなく表現できている度合いのことです。   例をみながら考えていきましょう。     原文 結婚式に300万円が必要だ ...

  エディターソフトは非常に優秀で、さまざまな言葉をすぐに変換してくれます。 しかしその優秀さは、ときに書き手を陥れることがあります。   もっとも注意すべきは、間違った日本語がそのまま入力できてしまうところです。 書き ...

今回は、外来語の誤用について考えます。 ひょっとすると、外来語の誤用は、漢字のそれよりも多いかもしれません。   外来語といっても、もはや日本語として定着している言葉も多くあります。 たとえば、このような文章です。   ...

  書き手が恐れるべきは、言葉の誤用です。 避けなければならないとわかっていても、常に辞書片手に執筆するわけにはいきません。 具体的な対策を講じるとなると、なかなか厄介なのです。   そこで今回は、日ごろから実践できる「 ...