文章を構成する上で、物事を対比させるときがあります。 物事を並べて説明する必要があったり、比較することで見えてくるものがあったりと、対比はスタンダードな書き方のひとつです。   今回は、その対比について考えます。 対 ...

創作

  今回は、表現の「深み」を演出する方法をご紹介します。   小説を執筆していると、手垢のついた表現を使いたくないと思うときがあります。 たとえば、このような文です。     原文 あきらめた僕に残っ ...

今回は、表記について考えます。   日本語の文章における主な表記は、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」です。 さらには、そこに「アラビア数字」や「アルファベット」も加わります。 さまざまな表記に対応した、とても寛容な言語なのです。 ...

  今回は、「~たり」を使った表現について考えます。 普段から何気なく使ってしまいがちな表現ではありますが、書き手は気をつけなければなりません。 「~たり」を使った表現には基本ルールがあります。 その理由もふまえて、ご紹介します。 ...

  執筆において悩ましいのは、敬語や謙譲語の扱いです。   目上の相手に宛てた手紙など、あきらかに敬意を示す必要があるとき。 このような場合は、当然ながら、正しい敬語や謙譲語、尊敬語を使うべきですね。   意外 ...