創作

  主人公を「自分の分身」として扱ってはいないでしょうか。 一人称視点の作品では、とくに「作者=主人公」として描かれやすい土台がそろっています。   誤解を防ぐために断っておきますが、小説の在り方は多種多様であるべきです ...

創作

    コップ半分の水をイメージしましょう。 これについて、「あと半分もある」と感じるか、「もう半分しかない」と感じるか。 ものの見方や捉え方、感性や価値観は、人によって違いますね。   これを小説に落とし込む ...

創作

  人間には、見えるはずのものを見ようとする性質があります。   たとえば「富士山」をイメージしましょう。 青みがかったゆるやかな三角形の頂点が、白く染まっている様子をイメージするはずです。   しかし、近くで ...

創作

今回は、描写文の効果について詳しく見ていきましょう。   こちらの記事にも書いたように、描写文は物語の進行にブレーキをかけます。   本来、物語は終わりに向かってどんどん進んでいくべきであって、読み手も次の展開を望んでい ...

創作

  今回は、会話文の文体について考えましょう。   こちらの記事で、会話文には「超えられない壁」があることをご紹介しました。 ようするに、小説の会話はどうしても不自然になってしまうものなので、書き手はそのことを自覚しなけ ...