どのように表現すれば、そのモノの様子が読み手に伝わるか。 書き手は、これを考えながら描写する必要があります。   今回は、モノを描写するときに、書き手が着目すべきポイントをご紹介します。     ...

創作

  小説には、必ず、場面の描写があります。 場面を描写するにあたって、書き手自身があいまいな理解であれば、きっとその状況を読み手に伝えることはできないでしょう。 書き手は、その状況の構成要素を把握していなければなりません。 ...

創作

  描写をしたくても、何から始めればいいのかわからない。 このような悩みをもった書き手は、少なくないでしょう。   とくに小説の文章は、書き手が自由に表現できます。 一般論としての文章におけるセオリーはあっても、厳格なル ...

創作

  小説の執筆は、何万文字にも及ぶ文章を扱う作業です。 知識やテクニックを身につける以前に、「書き手の気力」をもって取り組むことが必須になります。     ひとつの作品を書き上げる。 これは、とても辛く苦しいこ ...

  読み手の心に残るような、キャッチーな表現。 文章のなかにこうした表現を使うには、コピーライターのような感性が必要です。   「感性」が特別な能力であることは否定しません。 しかし、実のところ、印象的な表現にはちょっと ...