創作

  小説では、作者の知らない世界を描かなければならないことがあります。     多くの場合、書籍やインターネットで調べると大量の情報が手に入ります。 しかし、作品のリアリティを求めると、それではまかなえない部分 ...

創作

原則として、書き手は登場人物の性格を一貫させなければなりません。   序盤では温厚な性格だったのに、終盤にさしかかると怒りっぽくなる登場人物がいたとしましょう。 性格を変化させる要素がどこかにあれば納得できますが、何の前触れもなく ...

創作

一人称小説では、主人公の知らないことは書けません。 執筆において直面する問題の多くは、他人の内面の描写でしょう。 主人公はこれを断定することはできないため、登場人物の気持ちを描くときには注意が必要です。   たとえば、「失恋した女 ...

執筆アイテム

  昨日、あるクライアントさんから依頼された案件をこなしていたときのことです。   突然、パソコンの電源が落ちてしまいました。   これまでも何度か似たような症状があり、そのときは電源を入れ直せば起動していまし ...

創作

「内面の描写」は、小説の醍醐味そのものといっても過言ではありません。 読み手は、主人公の心情に自分を重ねたり、新たな価値観を得たりと、物語に魅力を与えるための要素でもあります。   人間の心理を深くまで掘り下げて、それを文章で表現 ...