創作

  構成が失敗するパターンには、いくつか種類があります。 そのひとつが「文章の量」と「内容の濃度」の不一致です。 両者が不揃いのまま書き進めると、作品として成立させることが難しくなります。 物語の構成に失敗しないためにも、書き手は ...

  文章のボリュームには、2つの意味があります。 「文章量」のように数値化できるものと、「内容」のように数値化できないもの。 どちらも"読みごたえ"にかかわることではありますが、いまいち整理できていないのではないでしょうか。 今回 ...

  危うさを含んだ文章には魅力があります。 適度な淀みに心地良さを感じたり、訝しげる気持ちでどんどん読み進めたくなります。     しかし当然ながら、過激な内容であることが"おもしろい文章"の条件ではありません ...

  書き手は「誰からも批判されない文章」を目指すべきではありません。 なぜなら、批判を徹底して避けた文章は「平凡」「平板」「単調」になりがちだからです。 『悪名は無名に勝る』という言葉があるように、多少の刺激は必要なのです。 刺激 ...

コラム

  作家の仕事は書くことです。 書籍の執筆でもいいし、雑誌への寄稿でもいいし、なんならブログの更新でもいい。 雑務も含めればやるべきことはほかにもあるのですが、とにかく書かなければ作家とはいえません。 しかし作家には、あえて本道か ...

コラム

  今回は文章の「横書き」と「縦書き」についてご紹介します。 とはいえ、良し悪しを探るわけではありません。 人間の身体的な特徴にも触れながら、それぞれの特徴や適している文章について考えていきます。     目は ...

書く仕事の隠し事, 執筆アイテム

  スケジュール帳の使い方は人によって違います。 管理する目的やその意図は十人十色、予定を記入するときのアプローチも千差万別です。 そこで今回はスケジュール帳の活用方法について具体的に考えていきます。 私個人の使い方や考え、どのよ ...

書く仕事の隠し事, 執筆アイテム

  今回はスケジュール帳の選び方について考えていきます。     新しい年を迎えてからすでに一週間が経ちました。 この記事を公開するころには、スケジュール帳を新調している人が多いかと思います。 とはいえ毎日使う ...

コラム

  あけましておめでとうございます。 当ブログ『文章の鬼』は今年で4歳になりました。   つまり4年間、「文章を書く」に関する情報を発信していることになります。 大学生であれば、学士を取得して卒業するほどの歳月を過ごして ...

コラム

  今年もあとわずか。 この一年の活動を振り返ってみましょう。     価値観の変化「会わないこと」 もっとも大きなトピックといえば、やはり新型コロナウイルス感染症でしょう。 感染のリスクを減らすためには、人と ...