創作

  今回は文章のリズムについてご紹介します。 概念としては、多くの書き手が理解していることですね。 しかし実践するとなれば巧く扱えないのが、文章のリズムです。 「リズムがもたらす効果」や「作用する箇所」を見据えながら、考えていきま ...

創作

  小説を書くときの「表記」について考えます。 言葉を扱うにあたって、書き手は「どこを漢字にするか」「どこをひらがなにするか」を判断しなければなりません。 書き手の意図をもつことで、表記に対する考え方も明確になるはずです。 例をま ...

創作

  「リアリティのある登場人物」を描くためには、その設定を細かく詰めることが大事です。 ただし登場人物の設定だけでは、いざ物語が動いたときにリアリティを保障できなくなることがあります。 そうならないためにも、書き手自身、登場人物に ...

創作

  書き手であれば、誰しもが「おもしろい作品」を書きたいものです。 しかしそれには明確な基準がないため、書き手は半ば"見切り発車"で筆を進めるしかありません。 そこで今回は「おもしろい作品」を書くためのポイントを3つにしぼってご紹 ...

創作

  架空の世界のなかに「現実にあるもの」を取り入れたくなる場合があります。 実在する「人物」や「モノ」、「作品名」や「地名」などが、物語にとって重要に思えることがあるのです。 最初に書いておきましょう。 現実にあるものを作品で扱う ...

創作

  「書くこと」はとても大変な作業です。 まして「小説」を書くとなれば、もっと苦しい作業になるでしょう。 物語の構成や登場人物の設定など、書き手はたくさんのことを考えながら正確に文章を紡いでいかなければなりません。 それらをまとめ ...

創作

  登場人物に「この人だからこそできること」を設定すると便利です。 いいかえれば「特技」ですね。 これを要素として取り入れると、特定のキャラクターを形成しやすくなります。 そうして出来上がった登場人物は、効率良く物語に作用していく ...

創作

  今回は「登場人物の設定方法」について考えてみましょう。 人物の詳細をできるかぎり詰めていくることはもちろんですが、その前に覚えておくべきポイントがあります。 それがキャラクターを割り当てる感覚です。 この感覚をもちながら登場人 ...

創作

  回想の扱いは非常にデリケートで、書き手は多大なエネルギーを消費します。 今回は回想を取り入れるときのポイントをご紹介します。 とくに着目するのは回想の内容というよりも、物語の構造です。 順を追って見ていきましょう。 ...

創作

  書き手は常に、物語がおもしろくなる要因を考えているはずです。 そのひとつに「意外性」が挙げられるでしょう。 今回は物語に組み込む意外性について、基本となる考え方をご紹介します。     創作で扱う「意外性」 ...