書く仕事の隠し事

  世の中にはさまざまな仕事があるなかで、「書く仕事」は非常に特殊な働き方といえます。 たとえばテレビタレントが小説を出版しても、作家に転職したことにはなりませんね。 「書く仕事」が本当の意味で"職業"として分類されるのであれば、 ...

コラム

  みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 令和に入って間もなく、私たちはパンデミックを経験することとなってしまいました。 社会の混乱を身近に感じているものの、赤鬼は公私ともにコロナウイルスの影響を受けていません。 物書きであれば、 ...

  プロアマ問わず、あなたが"書き手"である以上は読み手を意識して書くはずです。 いわゆる「読み手のことを考える」ですね。 ただしこれは、かならずしも「読み手と同じ目線に立つこと」ではありません。 今回は書き手の目線について、具体 ...

  書き手のなかにある「伝えたいこと」は、なるべく説得力をもたせながら表現したいものです。 読み手に理解されなかったり、支持を得られない状況を避けるべく、書き手は創意工夫をこらすわけですね。 このとき書き手が行うのは、いわば文章の ...

創作

  物語に流れる時間と、そこに描かれる内容の濃さについて考えましょう。 かんたんな言葉に変換すれば、「テンポ」と「密度」ですね。 書き手はこの両者を共存させ、バランスをとりながら、作品全体を仕上げていくことになります。 今回はこれ ...

書く仕事の隠し事

  世の中には「めずらしい職業」がたくさんあります。 多くの人からすると「知らない世界」であり、収入はもちろんマネタイズの方法や様子が想像つかない仕事ですね。 文章を書く仕事もそのひとつです。 「ライター」「物書き」「作家」などと ...

  取材をする上で、「誰かに質問するチャンス」を得られることがあります。 取材対象である当事者とのアポがとれた場合はもちろん、知りたい情報をもっているであろう人物に質問する場合もありますね。 今回はこの「質問する」という行為につい ...

  不思議なことに、文章を書くときはさまざまな自分が重なって存在しています。 そのなかでも今回は「厳しい読み手」に焦点をあててみましょう。 厳しい読み手の存在は、文章の出来栄えはもちろん、書き方そのものに影響を与えます。 詳しくみ ...

創作

  物語を読ませるには、サスペンスが必要です。 ここでいう「サスペンス」とは、大枠のジャンルを意味しているわけではありません。 ミステリーやハードボイルド、スリラー作品などに限らず、どのジャンルにも取り込める要素としてのサスペンス ...

  書き手はひとつのテーマに強いこだわりをもつことがあります。 特定の物事について見識を深めることができれば、書き手の活動に多くのものをもたらしてくれます。 しかし一方で、専門性が高まったゆえのジレンマを抱えてしまうこともあります ...