文章には「使わないほうがいい」とされる表現があります。 その代表格が「紋切り型の表現」です。 今回は紋切り型の表現の例を見ながら、使わないほうがいい理由について考えていきましょう。     「紋切り型の表現 ...

  「文章を書く」というのは、情報を伝達する手段のひとつです。 書き手は、情報を受け取る読み手を見据えながら内容を文章として紡いでいくわけですね。   今回の内容は、実際に書き出す前の「準備段階」のことになります。 伝達 ...

  文章の書き方について、今回は「段落単位」にしぼって考えましょう。 段落を構築するとき、もっとも着目すべきところは「文頭」です。 なぜなら、段落の出来栄えは「文頭の書き方」で決まるからです。 順を追ってみていきましょう。 ...

  文章の内容を引っ張るのは「文頭」です。 最初に書かれた内容は、残響のようなものを放ち、その後の文章へと作用します したがって書き手は、文頭に重きをおくべきです。 今回は文頭の書き方について考えていきましょう。   ...

  文面からにじみ出る「書き手の個性」は、とてもあいまいな概念です。 読み手でいるときには知覚できるものの、書き手になった途端に見えなくなってしまうものです。 ましてや、書き手がねらったとおりに示すことができるものでもありません。 ...

  今回は、文に割り当てられた役割について考えてみましょう。 文章を細かく分析すると、それぞれの文が「なにかしらの役割」を担っていることがわかります。 おおまかにいえば「リーダー役」と「フォロワー役」です。 読みやすい文章にするた ...

  「触覚」は、五感のなかでもっとも体感性の高いものです。 この特性を活かしながら文章に盛り込めば、書き手はその内容を強調することができます。 それは直感的な強調というよりも、読み手に与える印象をコントロールするという意味での強調 ...

  文章を読んでいると、難しい言葉と出会うことがあります。 これまで知らなかった表現を目にしたとき、その意味や使い方を学び、自分のものとして吸収するのは良いことです。 しかし自分の文章で難しい言葉を使うとなれば、書き手は慎重になる ...

創作

  今回は、人物の描き方についてご紹介します。 安易に書いてはいけない要素を、3つにまとめました。 この3要素をうっかり示してしまうと、登場人物を「描く機会」が失われてしまいます。 順を追ってみていきましょう。   ...

創作

  描写についてあらためて考えてみましょう。 この記事では「描写」を概論的に扱う一方で、実践するときの心がまえにも言及します。 カギとなるのは描写する対象の「割合」です。 これをヒントに、順を追いながら考えていきましょう。 ...