文章の書き方で混同しがちなのは「説明」と「描写」です。 書くときには"描写"のつもりであったとても、なにかを描くことで読み手にその様子を知らしめることに変わりはありません。 そのため、「結局のところ説明と変わらないのでは?」と ...

書く仕事の隠し事

  「書く」という作業は、とても大変なことです。 これを「仕事として書く」となれば、また違ったところで「大変さ」を感じることがあります。 書き手の立場からすると、「不自由」を実感することも少なくありません。 このことについて、具体 ...

  今回は、「おもしろい」の意味について考えましょう。   ご存知のとおり、「おもしろい」にはいろいろな意味があります。 書き手が「おもしろい文章」を考えるときには、この意味を巧く扱おうと努力するはずです。 しかし、本質 ...

コラム

  『表現の不自由展・その後』にまつわる騒動に触発され、この記事を書くことにしました。 あいちトリエンナーレ2019にて展覧されていましたが、あえなく中止となり、"悪い意味"で話題になりましたね。 私自身は門外漢なので、この件につ ...

創作

  小説は、ネガティブなものを受け入れられる表現形態です。 その良し悪しは別として、ネガティブな磁場のようなものは蔓延しています。 書き手は、「悲しい物語」や「感傷に浸れる物語」を書きがちです。   ただし「小説=ネガテ ...