感覚を研ぎ澄ます

今回ご紹介する内容は、センスを磨くための方法です。 いわば、書き手としての思考を鍛える...

記事を読む

整理して言語化する

「伝えたいことを書く」 何度もご紹介している文言ですね。 今回は、このことを掘り...

記事を読む

先入観を捨てて物事を思考する

先入観は、書き手にとって厄介な存在です。 書き手が先入観に縛られてしまうと、文章の幅は...

記事を読む

「表現の見え方」をコントロールする

今回は、表現の見え方について考えます。 書き手はさまざまな表現を使いますが、読み手には...

記事を読む

言葉の性差に配慮する ~ 名詞の性別 ~

私たちが普段何気なく使っている言葉には、男女の差があります。 今回は、名詞の性別について考えて...

記事を読む

上位概念をもって類型化する

ありのままを表現して伝えることが、必ずしも良いとは限りません。 とくに、物事を類型化す...

記事を読む

「死」にかかわる表現は意図的にぼかす

書き手は、伝えるべき内容を正確な言葉に変換しようとします。 あいまいな表現を使ってしま...

記事を読む

「違和感」で読み手の目を引く

今回は、読み手の目を引く表現の作り方についてご紹介します。 ご存知のとおり、文...

記事を読む

2歳になりました。

あけましておめでとうございます。 本日、『文章の鬼』は2歳になりました。 あなた...

記事を読む

2018年の終わりに

書き手としての活動を振りかえって 最初に、個人的な話をします。 みなさんに見せて...

記事を読む