文章には「求められるもの」があります。 これに応えるには、まず「文章の種類」や「対象となる読み手」のことを考えなければなりません。 順を追いながら具体的に考えていきましょう。     世の中には2種類の文章 ...

  文章を書いていると、最初と最後で内容が変わっていることがよくあります。 今回は、これをシンクロさせることについて考えていきましょう。 流れのまま書くと文章が散らかってしまい、読み手にうまく伝わらない恐れがあります。 ...

  文章は自由です。 書き手の意思や主観、主張や見解、心の叫びなどを、表現することができます。 しかし、思ったまま書き落とすだけでは伝わりません。 書き手であれば、自分の内面にある諸々を「読み物」として書かなければならないのです。 ...

書く仕事の隠し事

  「物書きとして独立すべきかどうか」に悩んでいる人は、少なからずいるはずです。 この記事では、「私個人」の経験をもとにひとつの方針を示します。 今後の身の振り方に迷っている書き手は、ぜひ参考にしてください。   ...

  「文字数の制限が設けられた媒体」で執筆することがあります。 意外にも書き手は「文字数が足りないこと」に悩むよりも、「文字数が多すぎること」に悩むことが多いのです。 どこかを削ることで微調整しなければならないとき、なるべく「文章 ...