創作

  必要な情報を過不足なく伝えることだけが、会話文ではありません。 実際の会話には「揺らぎ」があり、書き手はこの不安定な状態を再現することも考えるべきです。     会話文から感じとれる揺らぎは、「登場人物の口 ...

  こちらの記事で、書くときには「動詞に重きをおく」とご紹介しました。     具体的にこれをテクニックとして活用すると、文章にさまざまな変化を加えることができます。 わかりやすいところでは、文章の印象に「かた ...

コラム

  かつて、私は文章に救われました。 それは良い本に巡り会えたとか、特定の作家にコミットとしたとか、そういうことじゃありません。   文章を書き、表現することで、自分の存在を世の中に開くことができたのです。   ...

  「文章のテーマ」として扱われるのは、大半が名詞です。 書き手はこの状況を冷静に見つめるべきです これに甘んじていると、知らぬ間に平板な文章を書いてしまう恐れがあります。 文章を躍動させるためには、名詞ではなく、動詞に重きをおく ...

コラム

  ブログを始めたきっかけは、元々、単なる思いつきでしかなかったように思います。   そもそも「文章の書き方」を論理的・体系的に説明すること自体、「無謀な試み」としかいいようがありません。 書き手よってもそのアプローチは ...