創作

  今回は、次の内容を発展させます。 ■ 読み終えたあとの「変化」を意識する   ここでの「変化」とは、抽象的であり、上位概念に近いものでもあります。 書き手がこれを意識するときは、テーマの設定から考えがちです。 しかし ...

創作

  登場人物の設定については、これまでたびたびご紹介してきました。   ■ 登場人物の「性格」を練る ■ 登場人物の「性格」を描く ■ 登場人物の詳細=取扱説明書   今回は、実在の人物をモデルにすることについ ...

創作

  今回は、「読み終えたあと」について考えていきましょう。   どこかの誰かが、あなたの書いた物語を読み終え、本をパタンと閉じた瞬間をイメージしてください。 そのとき読み手は、どのようなことを感じ、どのようなことを考えて ...

創作

  今回は、人物を描くときの考え方についてご紹介します。 書き手は、「社会」と「個」を分けて考えるべきです。   ほとんどの結婚披露宴では、新郎新婦の「生い立ち」を紹介する時間が設けられています。 司会を務めるフリーアナ ...

創作

  今回は、「新たな概念」を創りだすことについて考えます。 新たな概念の創造は、これまでの書き手がやってきた仕事のひとつであり、もっとも書き手らしさを感じる在り方でもあります。   もちろん、かんたんに実践できるようなこ ...