今回は、読後感をもたらすための終わらせ方について考えていきます。 ここでご紹介するのは「余韻型」です。 この型は、書き方に過不足が生じると成立しません。 書き手は方々に気を配りながら、注意して執筆しましょう。   ...

執筆アイテム

  いつでもどこでも執筆できる環境づくりは、物書きにとって重要な取り組みのひとつです。 「紙とペンさえあれば十分」という人もいれば、「できるだけデジタルで管理したい」という人もいるでしょう。 私はどちらかといえば、後者のタイプです ...

コラム

  あけましておめでとうございます。 おかげさまで、『文章の鬼』は3歳になることができました。   書き始めてたった数年しか経っていないブログは、まだまだ赤ちゃんのような存在です。 辛い思いや苦しい作業なしに「未熟なブロ ...

コラム

  年の瀬。 例年どおり、この一年の活動を振り返ります。     「攻めた模索」の一年 まずはブログ運営のことから書きます。   『文章の鬼』では今年、さまざまな実験を行いました。 毎日更新にチャレン ...

創作

  社会においてテクノロジーが発展すると、小説として描く内容に大きな影響を与えます。 とくに「コミュニケーション」に関わる部分において、書き手はこれを無視できません。 今回はテクノロジーとコミュニケーションの関係や、その扱いについ ...