創作

  こちらの記事では、小説を書くことが実験であるとご紹介しました。     今回はそこでの「実験結果」について考えていきましょう。     現実世界と共有できるもの たとえば私たちは、『ドラ ...

書く仕事の隠し事

  「得意分野」をもっていると、文章を書く上で有利です。     これは書き手の"武器"となります。 執筆活動を力強く支えてくれるため、得意分野をもっておくに越したことはありません。 ただし「知っている世界」を ...

書く仕事の隠し事

  仕事として文章を書くとき、「知らない世界」に触れなければならない局面が訪れます。 残念ながら、それぞれの分野には「専門家」と呼ばれる人たちがいます。 書き手は専門家に読まれる恐怖と戦わなければなりません。 今回はこの恐怖との向 ...

創作

  物語の動きについて考えましょう。 小説には「運動性」があり、書き手自身が予測できないところへ物語が進む場合があります。       今回はこのメカニズムを紐解き、その扱い方について考えましょう。 ...

創作

  小説と向き合うとき、書き手はなにかしらの意図をもって書くはずです。 「○○を伝えたい」や「□□を描きたい」や「△△をわかってもらいたい」といったことですね、 書き手は抽象的な概念を織り込みながら、物語を仕上げていくわけです。 ...