虚飾と判断したときは、迷わず削除する

執筆は、自分を大きく見せるにあたって最適な環境が整っています。 誰かと向き合って話すわ...

記事を読む

文章を現場に結びつける

小説の作品内にある文章は、原則、物語の進行にそって書かれています。 しかしながら、どうにも文章...

記事を読む

内容に合わせた表現を使う

書きおえた文章を見直すと、書いた本人ですらしっくりこないことがあります。 文の意味は通...

記事を読む

「事実」と「真実」の違い

今回は「事実」と「真実」の書き分けについて考えます。 これはテクニックというより、書き手がどの...

記事を読む

会話の途中に地の文を入れる

小説では、会話の途中に「地の文」を入れることがあります。 今回はその使い方について、基礎的な部...

記事を読む

読み手にもたらす「納得感」とは

理屈では理解できるけれど、感情として納得できない。 世の中にはこのようなことが多々あり...

記事を読む

時制を「現在」⇒「過去」⇒「未来」とつなぐ構成

構成のなかに、時制をどのように組み込むか。 今回は、これについて考えましょう。 ...

記事を読む

直喩と隠喩の使い分け

直喩と隠喩は、こちらの記事でご紹介した代表的な比喩表現ですね。 ● 直喩と隠喩 今回は、...

記事を読む

直喩と隠喩

今回は、比喩表現について考えます。 いくつかの技法がありますが、ご紹介するのはなかでも基本とな...

記事を読む

比喩を使うということ

書き手は、ウィットが効いた表現に憧れをもちます。 読み手が「この発想はなかった」とか、...

記事を読む