書く仕事の隠し事

  仕事として文章を書くとき、「知らない世界」に触れなければならない局面が訪れます。 残念ながら、それぞれの分野には「専門家」と呼ばれる人たちがいます。 書き手は専門家に読まれる恐怖と戦わなければなりません。 今回はこの恐怖との向 ...

創作

  物語の動きについて考えましょう。 小説には「運動性」があり、書き手自身が予測できないところへ物語が進む場合があります。       今回はこのメカニズムを紐解き、その扱い方について考えましょう。 ...

創作

  小説と向き合うとき、書き手はなにかしらの意図をもって書くはずです。 「○○を伝えたい」や「□□を描きたい」や「△△をわかってもらいたい」といったことですね、 書き手は抽象的な概念を織り込みながら、物語を仕上げていくわけです。 ...

書く仕事の隠し事

  物書きは、さまざまなものを経費として計上できます。 移動のために車を買うこともあれば、取材のために海外へ渡ることもあります。 今回は「経費計上」について個人的な考え方をご紹介します。 トラブルを防ぐべく、経費について根本から考 ...

創作

  小説の世界では、あらゆる局面を疑似的に体験することができます。 知らない知識に出会うこともあれば、今まで至ったことのない思考に触れられることもあります。 その疑似体験から生まれたものは、心に訴えかける力をもっています。 ...