文章を読む行為は、たくさんの時間とエネルギーを消費します。 慣れている人でも、長文をダラダラと読むのは苦痛でしかありません。   さらに、求めている内容がそこに書いてあるかどうかが不明瞭では、なおさらです。 この問題 ...

  句読点を用いるときに重要なのは、センテンスごとの文量です。 ひとつのセンテンスは、長すぎても、短すぎてもいけません。 例文をいくつか用意したので、読んでいきましょう。     例文1 読点の多用  1970 ...

  曖昧な表現が説得性を欠くことは、以前からお伝えしていました。 言い切ることでしっかり伝える 「とか」の曖昧さ   その傾向が強く現われるのは、推量表現を多用している場合です。 推量表現 文末に「だろう」「でしょう」を ...

コラム

    散文の「散」という字には、侮蔑の意味が込められているという説があります。 一定のルールに基づいて書かれる韻文に対して、特に制約を受けずに書けるのが散文です。 読んで字のごとく、散らかっているということですね。 ...

コラム

  文章は、常に読み手のことを考えなくてはいけません。 しかし読み手の反応を予測し、それを深読みしすぎると、余計な断りを入れたくなります。     ● 伝えるべき内容 「××は、○○です。」   ...