四段構成

「起」「承」「転」「結」の4部で組み立てられる、有名な型のひとつです。

「転」で視点を変化させ、読み手に刺激を与えることができます。

文章に限らず、漫才や4コマ漫画など、ストーリー性が求められる創作物にも使われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする