愛用パソコンのご紹介

今回は愛用パソコンのご紹介です。

数年前、物書きとして活動を始めたころに購入した、とても思い入れのある一品です。

LenovoのG570というモデルです。

主要スペックは以下のとおりです。

● CPU :Intel core i3-2350M

● メモリ:4GB

● ストレージ:HDD 500GB

時代遅れの型で、スペックも決して高くないパソコンです。

この筐体にいたっては外装もへたれてきていますが、今なお現役で活躍しています。

サイトの更新作業はもちろん、資料検索するときのブラウジングもストレスなく行えます。

通常の執筆作業であれば、このくらいの性能で必要十分です。

もちろん、必要十分であるからといって、すべての作業を快適にできるわけではありません。

執筆にあたる環境や、そこで取り扱うデータによっては、他のパソコンを使うこともあります。

より高性能なパソコンがある現在でも、主に使っているのはG570であることに変わりはありません。

理由は、「しっくりくる感じ」があるからです。

使用期間が長く、使い慣れていて、愛着も湧いているのでしょう。

書こうと思った瞬間には、自然とG570のパワースイッチを押しているのです。

こだわりといえるくらいの執着はないつもりですが、本来の性能以上に使いやすく感じています。

ことのついでに、少しだけ思い出話をしましょう。

数年前、このG570を購入した当時のことです。

物書きとして活動するにあたって、パソコンは必須でした。

しかし、本音を言えばウン十万するようなものが欲しかったものの、当時はまったくお金に余裕がなかったのです。

店舗にて新品を買うと予算をはるかにオーバーするため、友人達から不要になったパソコンを譲り受けようと考えました。

残念ながら誰も手放すタイミングではなかったようで、現実の厳しさと自分の考えの甘さを痛感したのを覚えています。

そこで考えたのは、ネットオークションを利用して中古のものを購入すること。

安くて良いものはないかと探しまわっていたときに、このG570に出会いました。

今でも忘れられません。

当時の購入金額は、21000円でした。

このくらいの金額であればなんとか捻出できると思い、スペックや状態との兼ね合いを見ながら落札しました。

偶然にも出品者が同じ地元に住んでいる方だったため、送料を浮かせるべく直接引き取りに向かいました。

その場でお金を支払い、G570を手に入れたのです。

書く仕事が具体化したのは、ここが始まりでした。

数年経った現在でも、一切トラブルなく稼働してくれています。

下世話な話ですが、今となってはこれを使って21000円以上のお金を生み出すことができています。

「お金がない私を助けてくれた」といっても、決して大げさな表現ではありません。

時代遅れで低スペックなパソコンですが、私にとっては苦しい時代を共に過ごした大切な存在です。

モノである以上、いつか新しいものに買い替えなければならない日がくるでしょう。

それまでは、時間の許す限り、G570と一緒に文章を発信していきます。

同モデルのリンクを貼っておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする