【応用編】前置きの節や語句を区切るための読点

こちらの記事にある「前置きの節や語句を区切るための読点」について、より実用的な使い方をご紹介します。

はじめに、節や語句を区切ることだけがこの用法の役割ではありません。

これを応用すれば、文や句を引用して、本題のなかに挿入することもできるのです。

具体的な例を見ていきましょう。
例文

A. 「なんてすばらしい絵なんだ」と彼は言った。

B.  なんてすばらしい絵なんだ、と彼は言った。

AとBは同じ内容の文章ですが、表記の仕方が異なっていますね。

Aはかぎ括弧を使ってセリフを引用しているのに対し、Bは読点のみで同じ効果を得ているのです。

このように、前置きの節や語句を区切るための読点は、引用を示すことができます。

読点があるおかげで、かぎ括弧を使わずにセリフを文のなかに挿入できるのです。

もう少し踏み込んで、この読点の実用性をさらに高めましょう。

セリフだけでなく、修飾節を挿入する場合にも使います。

例文
その書物は、江戸時代に書かれた、とても貴重なものです。

「その書物はとても貴重なものです」のなかに、「江戸時代に書かれた」という句を挿入した例です。

青字の箇所は本題であり、いわば文章の骨組みです。

赤字の箇所、つまり挿入句は、内容に肉付けをする役割を担っています。

読点があることによって、これらを区別できました。

もちろん、全く無関係になったわけではありません。

適度に差別化できたからこそ、文に句を挿入することができたのです。

引用や挿入を示すとき、これまでは「」や()に頼っていたかもしれません。

この読点を使うことで、記号の表記に頼らずとも、文章を書くことができます。

つまり、表現のバリエーションが増えるのです。

今回ご紹介した用法を上手に使いながら、さまざまな表現にチャレンジしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする