なぜ小説で「物語」を書くのか

文章は情報を伝達するためのツールです。

私たちの社会では、たくさんの情報が文章によって伝えられています。

そのなかでも異質なのは、小説の存在です。

小説は「小さく説く」と書きます。

一体、なにを説くのでしょうか。

そもそも、それは「物語」でなければならないのでしょうか。

私は、物語として説く意味を、次のように考えています。

言葉にならないことを伝えるためです。

言葉にならないことを表現して伝える方法は、たくさんあります。

音楽なら「音階」や「音色」を、絵画なら「色彩」や「形象」を、複雑に組み合わせて表すことができます。

文章で表現するとなると、使える要素は文字しかありません。

「素直な言葉をそのまま書けばいい」と思われるかもしれませんが、そうはいきません。

抽象的なことを、類型化された言葉で表現してしまうと、伝えるべき内容の純度が低くなってしまうからです。

たとえば、ラブレターを書くとしましょう。

相手に対する気持ちを単なる情報として伝えるのであれば、たった一言、「好きです」と書けば十分です。

しかしそれでは、大切な想いを伝えることはできませんね。

惹かれるに至った具体的なエピソードに加え、今なにをどのように思っているか、これからの展望など、根拠となる内容を添えて書いたほうがきっと伝わるはずです。

言葉にならないような、感情や心境、微妙な心の揺れ。

これらを、抽象的な言葉で表すことはできません。

だからこそ、小説では物語を仕立てる必要があるのです。

情報をただ伝えることだけを目的にした文章なら、骨組みだけを表現したほうがわかりやすいでしょう。

しかし、言葉にならないことを伝えるのであれば、血や肉まで書かなければその真意が伝わりません。

物語で説かれる内容は、突きつめれば、一言で表現できることばかりでしょう。

愛だとか、友情だとか、空虚だとか、狂気だとか、単純な概念であるはずです。

それに膨大な文字数をかけるとなると、バカバカしく思ってしまうかもしれません。

しかし、単純な概念を淀みなく伝えるためには、その無駄な労力が必要です。

小説として物語を書く意味は、ここにあるのです。

私は、「小さく説く」をこのように考えています。

あなたの解釈とは違っているかもしれませんので、その場合はぜひ自分自身を信じてください。

なにせ、答えがないことです。

今回の内容は、ひとりの書き手の意見として、なにかの参考になればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする