「技」のたしなみ -わかりやすい文章にする-

文章を読むということは、単に書き手の主張を受け止めるだけの行為ではありません。

内容を受けて、自分の経験や思想に重ねたり、考えが膨らんでいったり、行動に移したりします。

このような心の動きこそが、文章を読む楽しさであり、醍醐味です。

人の心を動かす文章は、難しいことを考えなくてもすらすら読み進めることができます。

スムーズに納得や共感ができて、知らず知らずのうちに読み終わっています。

だからこそ、おもしろいのです。

どれだけ素敵な発想があっても、それを伝えられなかったら意味がありません。

いくら体裁を整えたとしても、内容の整合性がとれていなければ無駄に終わります。

つまり、わかりやすく書くのは大前提であり、その先におもしろさや読みやすさがあるのです。

わかりやすく書くための基本となるのは、正確な表現です。

自分の主張、事象の説明、客観的な描写、これらを読み手がわかるように表現しなければいけません。

もちろん、文法や言葉の意味を理解した上でのことです。

「技」の内容は、おしゃれに表現するためのテクニックではありません。

読み手にとって、わかりやすい文章を書くために必要な表現力をご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする