書くためのペルソナ

ペルソナは「ある特定の人物像」を意味する言葉です。

心理学者のユングが使用したことで有名ですね。

少しづつですが、一般社会にも普及しつつある言葉です。

特に、ビジネスシーンにおいて、この言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。

企画開発や営業戦略といったマーケティングの現場では、ペルソナの作成は必須です。

顧客のニーズを満たすサービスを提供するには、ユーザーとなる人物像を具体的に想定しなければなりません。

ペルソナを作成する、つまり仮想のお客様像を作りあげることで、効果的かつ効率的な販売展開が可能になるのです。

文章を書くときに作成するペルソナとは、だれを指すのでしょうか。

もちろん、読み手のことですね。

ただし、何千何万といる読み手を漠然と考えただけでは、ペルソナとはいえません。

作成するペルソナの抽象度が高ければ高いほど、文章に書く内容がぼやけてしまいます。

書くためのペルソナは、「誰に向けて何を書くのか」を目的にします。

読み手となる個人を、その人物が実在すると思えるくらい具体的に設定しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする