自分を律することで冷静に書く

自分の気持ちや考えを文章で表現するのは、すばらしいことです。

ただし、それを押し付けてはいけません。

良い文章を書くためには、自分を律する必要があります。

例文1

 タバコはくさい!喫煙者なんてみんなクズだ!

タバコへの嫌悪感や、喫煙者に対する怒りを表現しています。

たしかに気持ちは伝わりますが、あまりにも感情的な文です。

例文2

 分煙化が進んだおかげで、タバコの嫌なにおいに悩まされることが少なくなった。喫煙者の協力には感謝しているが、さぞ肩身がせまいだろうとも思う。

しかしながら、未だに路上喫煙している人が多く見られるのもまた事実だ。ほかの喫煙者のイメージダウンにつながるので、しっかりとマナーを守るべきだと思う。

分煙化に言及することで、タバコへの嫌悪感をポジティブに変換しています。

喫煙者に対しては、その立場を理解した上で感謝しているのが伝わりますね。

一方で、マナーを守っていない喫煙者には厳しく注意を呼びかけていますが、押し付けがましい印象は感じません。

このように、同じテーマであっても、書き方によって伝わり方が変わってくるのです。

例文1は、文面に稚拙さが滲んでいますね。

書き手の感情を表現することはできても、この文章が人を動かす力は持っているとは思えません。

例文2の場合は、多角的な視点から物事を捉えながら、冷静に分析できています。

主張に説得力がある、良い文章です。

ただ感情を押し付けても、伝わるとは限りません。

熱意は内に秘めながら、表現するときは常に冷静な自分でいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする