「書くこと」と「考えること」

文章を書くときに時間がかかってしまう人は、書きながら内容を考えている可能性が高いです。

「書くこと」と「考えること」を同時進行してしまうと、書きあがるまでに時間がかかるだけでなく、文章の質も低下します。

たとえば、1時間で1000文字の文章を書くとします。

・書くことに40分、考えることに20分

・考えることに40分、書くことに20分

この場合では、後者のほうがより短い時間で良い文章を書くことができるのです。

なぜなら、前者のやり方は非効率的だからです。

テーマの決定、材料の収集、論点の整理、明確な論拠、自分の主張、全体の構成、

文書作成に必要な要素を、書きながら考えるのは至難の業ですね。

まさに、設計図なしに家を建てるようなものです。

たとえ形になったとしても、いびつな欠陥住宅になってしまうこと請け合いです。

書くための技術や知識は、あとからいくらでも習得できます。

まずは「書くこと」と「考えること」を区別することから始めましょう。

そこから時間をかける割合を見直すことで、すぐに良い効果があらわれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする