範囲を絞って詳しく伝える

物事を漠然と表現すれば、あいまいに伝わってしまいます。

そこで数値やグラフを用いて表現すれば、明確な文章になりますね。

しかし数値で表すことができない言葉であれば、どのように表現すれば良いのでしょうか。

原文
 私は音楽が好きです。

「音楽が好き」は、数値に表すことができません。

また、その楽しみ方はさまざまなので、これだけでは漠然としています。

一文でより詳しく伝えるためには、範囲を絞らなければなりません。

改善文

A. 私はクラシック音楽を聴くことが好きです。

B. 私はピアノを弾くことが好きです。

C. 私はロックフェスに行くことが好きです。

「音楽が好き」の範囲を絞って表現しました。

Aはリスナー、Bは演奏者、Cではレジャーとして、それぞれが音楽を楽しんでいることが伝わります。

さまざまな解釈ができるような言葉は、範囲を絞って具体的にすることがポイントなのです。

文章で物事を伝えるとき、書き手はわかりやすく表現するために努力しなければなりません。

意味に含みをもたせ、解釈を読み手にゆだねるクセをつけてはいけないのです。

今回の例文のように、数値で表せない言葉は表現に注意が必要です。

範囲を絞ることで、より詳しく表現しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする