文章を書く「動機」を明確にする【なぜ伝えたいのか】

 

書き手がなにかを伝えようとするとき、考えが及びやすいのは「伝え方」です。

今回ご紹介するのは、伝え方や書き方といった文章が「開いていく方向」ではありません。

「掘り下げる方向」に目を向け、文章を書く動機について考えます。

書き手がこれを意識することができれば、その文章は強固なものになるでしょう。

 

 

「伝えたいことの裏側」を考える

文章には「核」となるものがあります。

 

文章の核はメモ書きでいい【伝えたいこと】【まとめる必要性】

 

いわば書き手が本当に伝えたいことですね。

悪い言い方をすれば、伝えたいことがなければ書く意味がありませんし、読み手もその文章に価値を見出せないでしょう。

 

文章を書く「動機」とは、伝えたいことの裏側にあります。

つまり書き手は、「なぜそのことについて伝えたいか」について考えるわけです。

 

 

「書きたいから書く」では不十分

極端にいえば「書きたいから書く」のであって、これについて掘り下げることはさほど重要でないように思えます。

もちろん、難しいことを一切考えずに文章を書くことはあるでしょう。

脱力しながら書いた文章が、結果として高く評価されることもあります。

 

しかしながら誰かになにかを伝えることが前提であれば、話は変わってきます。

なにかを伝えようとするときに「書きたいから書く」であれば、独善的な文章になったり、内容に過不足が生じたりする恐れがあるのです。

だからこそ、漠然とした状態では不十分です。

なにかを伝えるために筆をとるのであれば、書き手は書く動機を明確しておく必要があります。

 

 

「意味」や「目的」につながる

動機を明確にすることによって、「書きたいから書く」では見えてこなかったものが浮き彫りになります。

 

● 知らずに困っている人がいるから

● 誰かの人生を豊かにする情報だから

● 世の中のためになると信じているから

● 後世に残しておく価値がある内容だから

● 自分だけでは到底抱えきれないことだから

 

書く動機として挙げられたこれらは、実際の執筆に大きな影響を与えます。

動機を明確にすることによって、自然と読み手を意識したり、文章がどのように読まれるかを想定したりするでしょう。

執筆途中に動機を見つめ直せば、文章を書く目的に立ち返ることになり、軌道修正もすぐにできます。

つまり動機を明確にすることによって、本質的な「意味」や「目的」を考えることにもつながるのです。

 

「なぜそのことについて伝えたいのか」の答えは、かんたんに言語化できるものではないかもしれません。

しかし「なにかを伝えたい」と思う以上、どこかにかならず答えがあるはずです。

書き手は、文章を書き出す前にこのことについて深く考える必要があります。

可能な限り具体的にしておくことで、文章全体を支える存在になるでしょう。

 

 

■ 参考

created by Rinker
¥1,780 (2021/04/12 12:58:31時点 Amazon調べ-詳細)

Posted by 赤鬼