「れる」「られる」で逃げない

助動詞「れる」「られる」には、4つの用法があります。

● 受身(~される)

例:みんなに笑われる

● 可能(~することができる)

例:これはすぐに覚えられる

● 自発(意図せずとも、そうなる)

例:彼女のことが思い出される

● 尊敬(人を敬う)

例:天皇陛下が外国に行かれる

下記の文に「見る」+「れる」「られる」の表現が使われていますが、どの用法を用いたものでしょうか。

原文
 顔見知りの犯行と見られます。

誰かがそう思ったのであれば、受身

顔見知りの犯行とも考えられるのであれば、可能。

このように判断せざるをえないのであれば、自発。

尊敬ではないことは明らかですが、解釈によっては上記の3つすべてに当てはまります。

つまり「れる」「られる」は、あいまいな表現なのです。

改善文
 警察は、顔見知りの犯行と見て捜査をすすめています。

あいまいな表現を避けるには、主語を明確にすることが先決です。

この場合は「警察」という主語を加えることで、「れる」「られる」を使う必要がなくなりました。

こうすることで、原文では漠然とした印象だったものが、情報として伝えられる文章になったのです。

文末に「れる」「られる」を使えば、内容の客観性を装うことができます。

あたかも状況を判断した上での考察を伝えるような、堅実なイメージを与えることができます。

言い切ることができない文章では、つい使ってしまいがちです。

しかしそれは、責任を回避するための逃げ道でしかないのです。

説得力があるようにみせかけた文章に価値はありません。

「れる」「られる」に逃げないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする